カーネーション色ごとの花言葉!母の日や彼女へ贈るなら色に注意!

母の日に贈るお花といえばカーネーションが定番です。

鮮やかでかわいらしい花なので彼女へのプレゼント向きでもありますね。

ところでカーネーションの花言葉はご存知ですか?

実は色ごとにそれぞれ違う意味を持っているんです。

中には女性に贈るのにふさわしくない意味もあるので注意が必要ですよ。

ここではカーネーション色ごとの花言葉を解説します。

スポンサーリンク

カーネーションそのものの花言葉は?

まず色とは関係のない、カーネーション自体の花言葉をご紹介しましょう。

無垢で深い愛」と「女性の愛」です。

お母さんに渡すのも愛する彼女へプレゼントするのにもマッチした花言葉ですよね。

 

ところが花の色が変わると花言葉も微妙に変わってきます。

中にはどうしてこんな花言葉を……なんて色もあります。

それぞれの色の花言葉を紹介していきます。

 

定番には理由あり!「赤」のカーネーション

 赤いカーネーションの花言葉は「母への愛」と「熱烈な愛」です。

母の日のカーネーションといえばやっぱり赤が思い浮かびますよね。

それにはこんな由来があります。

その昔キリストが十字架にかけられたとき、それを見送る聖母マリアが涙を流しました。

涙がこぼれた地にはカーネーションが咲いたという言い伝えが遺されています。

そこから赤いカーネーションは母と子の深い愛情を象徴するお花になりました。

赤い色はキリストの流した血に由来するといわれています。

 

母の日だけでなく恋人へ贈るのにもピッタリな赤のカーネーション。

ところが、黒に近い濃い赤色になると花言葉が「欲望」に変わってしまいます。

贈り物にふさわしくないカラーなので選ぶときは色合いも良く見たほうがいいですね。

 

ありがとうの気持ちを伝える「ピンク」のカーネーション

ピンクの花言葉は「感謝」と「女性の愛」です。

ありがとうの気持ちを伝えたい母の日にベストなのは、実はピンク色かもしれません。

色もかわいらしいですし、いつまでも女性の気持ちを忘れないお母さんに贈るといいのではないでしょうか。

 

「紫」は上品なお母さんやクールビューティーな恋人に

紫カーネーションの花言葉は「誇り」と「気品」です。

上品で凛としたお母さんを誇りに思いながら贈りたいカラーです。

クールで知的な女性にも似合いそうなお花ですね。

 

「オレンジ」は大好きな想いがストレートに伝わる色

オレンジのカーネーションの花言葉は「熱愛」と「純愛」です。

恋人にプレゼントするにはこれ以上ない花言葉ですね。

もちろん、お母さん大好き!という気持ちを込めて贈られてもうれしいはず。

元気な色なのもあって小さな子からのプレゼントとして特にいいですよね。

 

「白」のカーネーションは母の日にはNG!

白いカーネーションの花言葉は「純粋な愛」と「尊敬」です。

素敵な花言葉ですが母の日に贈るカーネーションで白は避けるべきなんです。

その理由は、母の日の起源にあります。

 

アメリカのアンナ・ジャービスという女性が亡くなった母親を追悼するため、祭壇に白いカーネーションを飾りみんなに配りました。

母親は白いカーネーションが大好きだったため、この花を選んだんです。

このカーネーションを捧げた日が、後に母へ感謝する祝日として認定されて母の日になります。

 

永遠の別れを告げるときに使った花を元気なお母さんに贈るのはちょっと…と思いますよね。

そこで、母の日に贈るカーネーションは赤にして亡くなった母親には白を捧げる…となりました。

花言葉は悪くないけど由来に理由があったんですね。

 

なので、意中の女性に白いカーネーションは決して悪くありません。

尊敬と純愛なんて異性へのプレゼントにぴったりじゃないですか。

 

「黄色」のカーネーションは母へも彼女へもNO

黄色のカーネーションの花言葉は「嫉妬」と「軽蔑」です。

母の日にも彼女にも向いてないですね。

それにしてもイメージ悪すぎ…。

ひどくないですか?かわいい色なのに。

 

まとめ

カーネーションの色ごとの花言葉についてまとめてみました。

正直言えば、もらった花が好きな色ならネガティブカラーでもほとんど気にする人はいないと思います。

花言葉の意味よりうれしさのほうが勝りますよね。

ただ、ここ一番のイベントで単色の花を贈るときには、花言葉も考慮したほうがいいかもしれません。

せっかくのお花をぜひ素敵なプレゼントにしてくださいね。

母の日
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと