犬のフローリング傷対策!滑り防止でワンちゃんにも優しいお部屋に

 

おうちにワンちゃんを迎えて一緒に生活……を始めてみたはいいけれど、フローリングの床にどんどん傷が付いてしまっていませんか?

つるつる滑る床は犬の体にもよくありません。

ワンちゃんにも床にも傷が増えないうちに対策をしておきましょう!

 

スポンサーリンク

フローリングの傷・滑り対策

 

■つるつる床でヘルニアに!?

フローリングのままだと、どうしても犬の爪でひっかき傷ができてしまいます。

ワンちゃんも転びたくないですから必死ですよね。

 

傷だらけの床は見た目もよくありませんが、犬の腰にも悪影響です。

実際に転ばなくても腰や関節に与える負担は大きく、将来ヘルニアや関節の炎症を起こしてしまう可能性を高めます。

人間で言えばスケートリンクで生活させられているようなものですからね。

 

 

■傷つけず滑らない対策は?

ワンちゃんと床を守るにはどうすればいいのでしょう?

これはシンプルにフローリングには何かを敷けばいいのです。

真っ先に思いつくのはカーペットですね。これだけでも効果はあります。

 

人にはフローリングと大差なくてもワンちゃんには頼もしい滑り止めになります。

実際、我が家の犬もフローリング部分を避けてカーペットの上だけを歩きたがりますよ。

 

 

ブロックタイプのカーペット

 

ただ、カーペットは汚れたときに大変ですよね。

ワンちゃんが粗相をすることもありますし、絡んだ犬の毛はフローリングのように掃除機だけでは取りきれません。

丸洗いするのも干すのも一苦労です。

かと言って、洗いやすい小さいものだとカーペットごと滑ってしまうので犬の腰にはよくありません。

 

 

 

 

で、おすすめなのがこういう小さいブロックタイプのカーペット(マット)です。

インテリアに合わせて色を選び自由に形を組むことができます。

ワンちゃん用なので表面の滑り止め効果はバツグンで、裏面もフローリングにしっかり吸着する加工がされています。

もちろん水洗い可能で、汚れた部分だけ外して洗うことができますよ。

 

 

 

これはニトリで買ったカーペットです。

2色をモザイク柄に並べてみました。

通販にも売ってますが、地元のお店で購入できるならそちらで買うのをおすすめします。

とういうのも、このカーペット。後から結構追加で欲しくなるんです。

増設したくなったり1枚だけ吸着が悪くなったりするので…。

 

もし通販購入するなら、サイズと床面積から計算して何枚か予備が残るくらいの量を買うといいでしょう。

買い足そうとする頃には、同じ商品がなくなっていることが多いんですよ…。

 

 

コルクマットタイプの滑り止め

 

 

見た目がおしゃれなコルクタイプもありますよ。

コルクのいいところは厚みがあるので衝撃を吸収してくれるところ。

それになんといっても掃除がしやすいところですね。

水拭きと掃除機で大抵の汚れはなんとかなります。

 

広く敷き詰めようとすると金額がそこそこ上がってしまうのが欠点でしょうか…。

 

 

階段用の滑り止め

 

 

端が折れ曲がる階段用のマットです。

段差に引っ掛けるようにセットします。

これもマットの裏側には滑り止め防止加工がしてあるので、人が踏んでもずれたりしません。

もちろん、剥がして洗ってもう一度貼り付ける事もできますよ。

 

注意点として、階段の下の床周りは広めに滑り止め対策をしてあげてください。

ぴょんと飛び降りる時が一番危ないので。

 

 

フローリングに滑らないコーティングを

 

 

最後にご紹介する方法は、フローリングの床そのものへの加工。

ワックスのように塗れる滑り止めのコーティング剤です。

 

これのいいところは、インテリアが全く変化しないところです。

お掃除も今まで通りに行えます。(多少、雑巾がけや掃除機がけに違和感があるかも)

 

欠点は塗るのが面倒なところと塗り続ける必要があるところでしょう。

とくに、床に他のワックスを塗っている家庭では剥がさないとうまく塗れない可能性があります。

目立たないところで試し塗りをしてみましょう。

そのあたりを考慮して検討してみてください。

 

 

まとめ

 

ちょっと大変ですが、ワンちゃんも人も快適に暮らせる環境を整えてあげることはとても重要です。

家族みんなで楽しく生活できるおうちにしていきましょう。

生活
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと