バレンタインで市販のチョコだとばれない5つの工夫

お菓子作りは苦手だけどバレンタインはみんな手作りしてる。

なんとか買ったチョコを手作りっぽく見せられないかな…。

バレンタイン用の簡単レシピでも、普段料理をしないとハードルが高いですよね。

道具もないし正直めんどくさい…。

そこで市販のチョコを手作りっぽくする工夫についてまとめました。

ちょっとした発想の転換で印象を大きく変えられますよ。

不揃いなチョコレートを買う

手作りのチョコレートは市販のものと比べるとどうしても不揃いになります。

だったら、最初から不揃いな形のお菓子を買えばいいのです。

『ご自宅用』『訳あり』『切れ端』

こんなワードで検索すると見つかりますよ。

 

ご自宅用チョコレート

 

訳ありブラウニー

 

訳ありトリュフ

 

生チョコやトリュフは手作りで形をキレイに揃えるのは難しいものです。

不揃いのほうが手作り感が出ます。

 

家の近所のケーキ屋さんで買う

デパ地下で買ったチョコレートをアレンジしてもなかなか手作り風にはなりません。

出来が良すぎるんですよね。

意外にいいのが個人でやっているケーキ屋さんやお菓子屋さんの商品。

いかにも手作り風でラッピングも素朴なのでそのまま使えちゃいます。

バレンタイン時期だけパン屋さんの一角で焼き菓子を売っていることもありますよ。

自宅近くのお店を探してみましょう。

 

有名すぎる市販チョコは避ける

市販でもあまりにポピュラーなチョコレートは避けましょう。

たとえば明治の板チョコ。

チョコレートそのものに「meiji」の型押しがあります。

これではどんなにアレンジしても手作りには見えませんよね。

溶かして使うなら便利ですがそのままラッピングするには不向きです。

 

1つずつラッピング

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayaka.kancha.520(@ayakan_0520)がシェアした投稿

訳ありお菓子でも、小分けにラッピングすれば立派な手作りギフトに見えます。

ちょっとくらい欠けていても問題なし。

むしろリアルな感じがしていいくらいです。

ラッピンググッズは100円ショップにたくさん売っています。

 

トリュフなんかはカラーのアルミカップに入れると映えますよ。

包んでみると雰囲気はガラリと変わります。

 

 

チョコレートペンで簡単アレンジ

 

意外におすすめなのが割れチョコです。

自分用に売られていますが個別にラッピングすると十分な見栄えになります。

予算に対して良いチョコレートが買えるメリットも大きいです。

 

素の割れチョコだけだと物足りない場合はチョコペンでアレンジしてみてはいかがでしょう?

チョコをまるごと湯煎するのは大変ですがペンだけなら簡単。

ストライプやチェックを描くだけでも雰囲気はかなり変わりますよ。

 

 

まとめ

不揃いなものを買って1つずつ包んでみる。

これだけでも手作りっぽくなります。

イマイチだと思ったらチョコペンでデコレーションしちゃいましょう。

うまく描けなくてもそれはそれで手作り感が増すので、気楽にチャレンジできますよ。