胃がんの初期症状は口臭で判別可能?ニオイの種類やチェック方法は?

口臭のほとんどは口の中のトラブルや歯周病が原因です。

しかしまれに、大きな内臓の病気で口が臭うこともあります。

その中でも「がん」には独特な匂いがあることが近年の研究で明らかになってきました。

がんの臭いとはどんなものか?

口臭からがんを判別できるのか?

口臭から考えられる病気は他にどんな物があるのか?

病気の口臭についてまとめました。

スポンサーリンク

胃がんのニオイはどんな匂い?

ガンの中でも特に強烈なニオイを放つのが胃がんといわれています。

胃がんの臭いはがんにより細胞が死んでいくときに発生する壊疽臭(えそしゅう)が原因となっています。

「ドブのような臭い」とか「便のような臭い」などと形容されることもあります。

 

がんの壊疽臭は血液で運ばれて肺を通って口へ排出されます。

胃がんでも胃から直接口に臭いが届くわけではありません。

 

★口臭で胃がんは判別可能?

素人でも医師でも臭いだけでがんを判別することはできません。

ましてや口臭がきついからとすぐに胃がんを疑うのは早計すぎます。

臭いには数多くの原因が考えられます。

単純に確率からいっても、口臭の元ががんである可能性はかなり低いです。

まずは診察を受けて臭いの原因を突き止めましょう。

 

 

★がん探知犬が感じ取る臭い

がんには壊疽臭の他にもう一つ特別な臭いがあると言われています。

いまのところどういうメカニズムでその臭いが発生するかはわかっていません。

ですが、がん探知犬と呼ばれる訓練を受けた犬は臭いをいち早く感じ取ることができます。

犬の鋭い嗅覚で、検査には引っかからない小さながんも発見が可能と言われています。

精度もかなり高く、がんの新たな早期発見方法として期待されています。

 

種類でわかる胃の症状

口臭の元となる内臓の疾患は胃がんだけではありません。

他にも口が臭いやすい内臓の病気はあります。

 

 

■胃炎・胃潰瘍

胃が炎症を起こしたり胃酸がたくさん出たりすることで、口の中が酸性になります。

口内バランスが悪くなり舌苔も増えるため口臭が発生しやすくなります。

さらに胃の働きが低下して消化不良になることも臭いに拍車をかけますね。

 

また、ピロリ菌由来の胃潰瘍も口臭が出る可能性があります。

ピロリ菌は胃酸から身を守るためにアンモニアを作り出してバリアとして張り巡らしています。

このバリアの臭いが口にまで上がってくるのです。

 

 

■十二指腸潰瘍

胃と小腸をつなぐ十二指腸。

この十二指腸に潰瘍ができた場合も、消化不良によって卵の腐ったような臭いの口臭が発生します。

また、胃から腸へ食べ物を流す働きが低下するので溜まったガスを押し出すためにゲップが出やすくなります。

当然ゲップも悪臭の元ですね。

 

 

■逆流性食道炎

通常は食道と胃の境目はしっかりと閉じられていて、胃の中の臭いが直接口臭となることはありません。

上に挙げたような潰瘍や胃がんの口臭も、胃から腸に運ばれた臭い物質が血管に入り、血液を循環して肺に運ばれて呼気として口から外に排出されるので臭うわけです。

 

しかし逆流性食道炎の場合は、胃酸が食道を逆流してくるので、その酸っぱい臭いが直接口から漂ってしまいます

 

臭っているのは口じゃない?

口臭には大きく分けて「生理的口臭」「食品由来口臭」「病的口臭」の3種類あります。

念入りな歯磨きをして対策しようとする人が多いですが実は、歯磨きによって対処できる口臭は生理的口臭だけなのです。

 

★生理的口臭

唾液の分泌が減って口内環境の悪化で起こる口臭。

寝起きや空腹時に起きやすい。

歯磨き・うがい・ガムなどで改善可能。

 

口臭は口の中だけで発生しているわけではありません。

食品由来口臭や病的口臭の場合は、体の中に発生した臭い成分が腸から血管に入り、血液を循環して肺に運ばれて呼気として口から排出されるときに口臭となるのです。

 

食品由来(にんにくやアルコールなど)の臭いなら原因となっている食品が便として排出されるとおさまります。

しかし、内臓の病気が原因の病的口臭は何日たっても改善しないのが特徴です。

いつまでも臭いが続く時には、病気の可能性も考えて医師の診察を受けるべきです。

 

簡単自己チェック方法

いざ口臭を確認しようと、口を手で覆ってハーっと息を吐いて嗅いでもほとんど分かりません。

鼻が口の臭いに慣れてしまっているからです。

 

コップやビニール袋などに呼気を入れて塞ぎます。

一度深呼吸してからもう一度呼気を嗅いでみましょう。

こうすると鼻がクリアになってわかりやすいと思います。

何かが腐ったような臭いを感じたら要注意です。

 

まとめ

対人関係において口臭は大きな問題ですが、病気が原因となると対人どうのと言っている場合ではありません。

まずは何よりも自分自身の健康のために、口臭の元となっている病気をつきとめて治療する必要がありますよね。

歯周病でもないのに歯磨きをしても口臭がまったく変わらない…。

そんな時には一度内科や消化器科を受診してみることをおすすめします。

健康
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと