福岡は物価が安い?東京から移住した私の実感とデータから検証!

 

私は東京から福岡に引っ越して10年以上たちます。

昔から東京の友人によくされるのが、

福岡は物価が安いの?

という質問です。

 

たしかに東京と比べるといろいろ安いですがそれは他の都市でも同じこと。

福岡がとりわけ物価が安いと言えるレベルなのか?

と返事に困ってしまいます。

そこであらためて福岡の物価について考察してみました。

私が福岡に来て価格差を感じたものを紹介。

さらに統計データから見た福岡の物価と実感の差について解説します。

スポンサーリンク

家賃は福岡の方が安い

家賃は明らかに安いです。

だいたい東京の3分の2、物件によっては半額くらいのこともあります。

不動産屋さんの窓に貼ってある物件情報を見ても安いなあと感じますね。

 

福岡のテレビでも東京の情報番組が流れます。

『王様のブランチ』や『幸せ!ボンビーガール』などの中に、物件をテーマにしたコーナーがありますよね。

そういう番組を見ていると、「福岡でその値段ならもっと広い部屋が借りられるよ」なんて思ったりします。

 

ちなみに、今私が住んでいるのは天神や博多といった福岡の繁華街まではバスで40分ほどの街です。

ここで2LDKの駐車場1台で7万円弱です。

 

食事も安い

外食も価格差を感じたものの一つです。

とくにランチタイムは安いと思います。

500円で昼食が食べられるお店がたくさんありますよ。

東京だとランチでも1000円近くかかりましたからね。

福岡で1000円以上になると、ボリュームが売りの店かちょっと贅沢なお店かといったところです。

 

同じチェーン店でも値段に差があるところもあります。

都内と比べると100円くらい違うかな。

もっともこれは福岡が安いと言うより東京が高いだけの気がしますが…。

 

給料も安い

住むところも食事も安いなんて、福岡最高…と思うかもしれませんが、そのぶんお給料も安いです。

私は東京と福岡どちらでも派遣社員として働いていました。

転勤ではないので厳密な比較はできませんが、福岡に来てからはやはりがくんと下がった印象です。

だいたい3分の2くらいの額になりましたね。

支出も減ったので生活のレベルはさほど変わらないんですが。

 

電車賃は東京の方が安い

電車で1時間ほどの場所に行く用事があり、運賃を調べたことがありました。

東京にいたときの感覚で「まあ電車なら800円くらいかな」と思っていたところ、実際には1200円程の計算になってびっくりしました。

電車賃は意外に高い(気がします)。

 

福岡の人口は東京の4割弱。

しかも路線バスが多くて電車を使う人がそのぶん少なくなっています。

それでいて電車を走らせるコストは東京も福岡も大差ないので、値段が上がるのは仕方ないのかも。

東京ではほとんど乗ってなかったので比べるのが難しいですが、バスの料金はさほど変わらない気がします。

 

宿泊費

宿泊費は「安いかなあ」くらい。

住んでいるとホテルに泊まらないんでピンときませんね。

 

福岡のビジネスホテル・シティホテルの値段を他県と比べてみると、

関東や近畿よりは確実に安い。

東北・中国地方と同じレベル。

北海道のほうが安い。

こんな感じでした。

平均より安いのは間違いなさそうです。

 

統計データと実感の差

私の感覚だけではあまりアテになりません。

自分の周りだけの狭い範囲での実感ですからね。

そこで、総務省統計局が出している小売物価統計調査で確認してみました。

これは、全国平均と比べた地域ごとの物価がわかるしっかりしたデータです。

 

【pdf】小売物価統計調査(構造編)年報 平成28年

 

一番わかりやすいのがこの中の「消費者物価地域差指数(総合)」という数値です。

これは言ってみれば、都道府県ごとの物価高い偏差値みたいなもの。

平成28年のデータで福岡県は97になっています。(全国平均は100)

47都道府県の40位なのでやっぱり安いですね。

宮崎(96.1)鹿児島(96.1)も低くて九州は全体的に物価が安いみたい。

九州で平均越えているのは長崎くらいです。

圧倒的に高いのは東京(104.4)や神奈川(104.3)です。

 

 

さらに福岡の物価データ内訳も見ることができます。

※平均は0.00

食料 -1.31

住居 -1.18

食べ物と住まいが安いのは実感どおり。

この数値には納得できます。

 

光熱・水道 0.42

家具・家事用品 0.01

被服及び履物 -0.15

保険・医療 0.00

日常生活に必要な物価は平均的。

光熱費が平均より上なのは驚きです。

あまり高いと感じたことがありませんでした。

 

交通・通信 -0.47

教育 -0.16

教養・娯楽 -0.32

諸雑費 0.11

交通費が平均以下なのは実感と真逆でした。

バスや新幹線もトータルすれば安いのかもしれません。

他はまあまあ普通レベルですね。

これくらいだと安さを実感できるかは微妙だと思います。

 

参考 小売物価統計調査(構造編)

 

まとめ

こうしてみると福岡は「食費と家賃だけ安い」と言えますね。

なんでも安いわけではない、と。

ですが、支出としては大きい2つが低いので暮らしやすい街なのは確かです。

旅行・海外
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと