ランドセルの色を変えることは可能?後悔しない色選びは?

年長のお子さんを持つ親にとって、うれしい反面ちょっと悩みどころでもあるのがランドセル選びです。

小学校で6年間も使うものなので慎重に選びたいですよね。

後悔しない色選び購入後のカラー変更方法など。

最近のランドセルカラーについてまとめてみました。

スポンサーリンク

いじめが心配?価値観が違う現在のランドセル事情

ひと昔前のランドセルといえば、「男の子は黒」「女の子は赤」と決まっていて選択の余地なしでした。

ですが、現在ではさまざまなカラーバリエーションが選べます。

黒、紺、茶、赤、紫、緑、黄色、ピンク、オレンジ、水色…。

さらにステッチ部分やライン部分の色を変えているものもあって、カラフルでとってもオシャレですよね。

 

でも、選択肢が増えたことで、何色のランドセルを選べばいいか分からないという悩みを抱える親も増えています。

昔の価値観からすると、風変わりなランドセルの色でいじめられるんじゃないかと心配もあるようです。

 

ランドセル色の傾向

傾向としては、田舎のほうではいまだに男の子は黒、女の子は赤を選ぶケースが多いようです。

変わった色のランドセルを選ぶとやはり目立ちますから、周りにあわせる風潮があるのかもしれません。

 

一方都市部では、いろいろな色のランドセルで登校する小学生の姿がよく見られます。

男の子でもきれいな水色や紫、ときにはピンクを選んだり、女の子でもシックな黒や茶色のランドセルを背負っているのを見かけます。

 

初めてテレビCMで見た時には派手だと思ったカラフルランドセルですが、実際に子どもが背負っているとまったく違和感がありません

考えてみれば、私たちの時代でもランドセルに蛍光イエローのカバーをつけたりしていました。(学校でくれる交通安全マークつきのやつです)

あの派手な黄色に比べたら今の淡いブルーや紫なんて可愛いものですね。

 

ランドセルの色が原因でいじめられる?

さてランドセルの色が原因でいじめられることがあるかどうかですが……。

これは大人たちが心配するほどではないようです。

私の周囲でも聞いたことがありません。

そもそも今の子どもたちには、ランドセルにさまざまな色があるのは当たり前の光景です。

色をからかわれるくらいはあるかもしれませんが、親世代が心配するほどイジメの理由にはならないのでしょう。

 

 

そうは言っても、ランドセルは基本6年間は使い続けるので色選びで失敗はしたくないですよね。

これから通う小学校の生徒たちがどんなランドセルを使っているか?

一緒に入学する同級生のランドセルの色は?

こういった事前リサーチで地域のランドセルカラーの傾向を掴んで、その中から子供の好きな色を選ばせるのが一番ではないでしょうか。

 

ちなみにうちの場合は、娘本人の希望通りの赤を購入しました。

娘のお友達はいろいろな色のランドセルを背負っていますが、やっぱり今でも女の子は赤系(ピンクとか)で男の子には黒系のカラーが人気のようです。

 

カラー変更は可能?色を変える方法

やっと購入したランドセル!

でも、やっぱり色を変えたいと言い出したらどうしたらいいのでしょうか。

早めに購入したものの子どもの気が変わった、なんてこともありえますよね。

そこでランドセルの色が気に入らないときの対処法を考えてみました。

 

 

■ダメ元で問合せ

入学前でまだランドセルが手付かずの新品状態であれば、まずは購入先に確認してみましょう。

ひょっとしたら別色に交換をOKしてくれるかもしれません。

ただし、こちらの一方的なわがままなので無理押しはいけません。

交換してもらえればラッキーくらいの気持ちで。

 

 

■ランドセルの染め直し

革製品を染め直してくれる業者にお願いするのも一つの方法です。

プロに頼めば好きな色にキレイに塗り直してもらえるでしょうが、やっぱり高くつくことが多そうです。

 

手先が器用な人は、思い切って自分で染め直す方法もあります。

革製品を塗るには『染めQ』という商品が有名です。

私も過去に革の小物に使ったときには、とてもきれいに染め直すことができました。

これでランドセルをうまく染め上げた方もいるようです。

ただ、ランドセルとなると大きいですし、染めたくない部分はきちんと養生するなどコツが必要です。

 

 

 

■ランドセルカバーをつける

紹介しておいてなんですが、やっぱり新品のキレイなランドセルを塗装するのは抵抗がありますよね。

最も安価でリスクが低いのはランドセルカバーを使用する方法です。

価格も数千円とお手頃ですし何より失敗がありません。

色だけでなくかわいらしい柄のデザインもあるので、子どもの成長に合わせて使い分けることもできます。

もちろん、本来の用途としてランドセルそのものを保護してくれるのもうれしいポイントです。

 

 

まとめ

ランドセルのカラー事情や色変更についてまとめてみました。

実際のところ、子どもたちがランドセルの色についてあれこれ言うのは最初だけなんですよね。

数ヶ月もすればどんな色でも慣れてしまって、気にもとめない子がほとんどです。

なので、違う色のランドセルがいいと言われても慌てて買いなおしたり染めたりせずに、カバーを付けるくらいで様子を見たほうがいいと思いますよ。

子育て
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと