風邪をひいてるけど髪洗いたい!体調を悪化させない正しい入浴方法

風邪が長引いてしまった時、気になるのが体のベトつきですよね。

熱で汗ばんだままお風呂に入れないあの不快感。

サッパリしたいのは山々ですが、風邪がまたぶり返したら嫌ですよね。

でも、本当に風邪のときにお風呂に入っちゃいけないの?

せめて頭だけでも洗えないの?

そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

風邪の時は入浴禁止?その由来

私が子どもの頃には、風邪をひいた時、祖母・母から「治るまではお風呂に入ってはダメ!」とよく言われていました。

お風呂に入ると湯冷めするので風邪が悪化する、というもっともな理由でした。

しかしその理由は、昔のなごりのせいでもあったようです。

 

昔は家の中にお風呂がある家庭は珍しく、入浴は近所の銭湯で済ますのが一般的でした。

寒い季節には銭湯から家へ戻るまでに、あっという間に体が冷えてしまいます。

また、家にお風呂がある場合でも、浴室は母屋から離れて独立した建物として造られていたことが多かったのです。

そもそも家の作りが、今よりもはるかに湯冷めしやすい環境だったわけですね。

 

さらに当時は、なるべく湯冷めしないように熱い湯船につかるのが当たり前でした。

熱いお湯に浸かるのは、実は相当体力を消耗します。

これもまた風邪をひいた体にはよくありませんよね。

そんな日本の事情から、「風邪の時には風呂はダメ」という習慣が根付きました。

 

ちなみに欧米では、風邪を引いても普通にお風呂に入ります。

日本家屋と違って、湯冷めしにくい気密性の高い造りの家が主流だったからでしょうね。

 

風邪の時の入浴。入ってはいけない時は?

現在の住宅事情はウチ風呂が当たり前で、家庭によっては浴室暖房まで完備されています。

湯冷めの心配は格段に少なくなっているので、風邪でもそこまで神経質にお風呂を避ける必要はありません。

血行促進や適度な発汗作用。湯気によって喉が保湿されたり鼻の通りが良くなるなどメリットも少なくありません。

 

ただし、以下のような症状の場合には無理は禁物です。

  • 熱が38度以上ある
  • ひどく悪寒がしている
  • めまいや頭痛の時
  • 体がとてもだるい時
  • 嘔吐や下痢をしている時

これらの症状がある時は、お風呂に入るのは控えてくださいね。

特に熱が下がっていない状態で湯船に浸かるのは危険です。

私も以前、熱があるのに無理してお風呂に入って、脱衣所で力尽きたことがあります。

フラフラで自力で下着を履くことすらできないまま家族に看病される羽目に…。

お湯の温度で体はあっさり高熱状態になって、体の自由が全く効かなくなります。

 

風邪の時の正しい入浴方法と注意点

いくらお風呂に入っていいと言っても、風邪ひきで普段と同じような入浴方法ではよくありません。

風邪を悪化させないためにも最低限の注意は必要です。

 

 

■すぐ布団に入れるように準備しておく

お風呂から上がったら、すぐにお布団に入れるように準備しておきましょう。

お風呂上りに細々とした用事を片付けていると、せっかく温まった体がすぐ冷えてしまいます。

 

 

■脱衣所・お風呂場は最初に暖かくしておく

服を脱ぐ前には脱衣所・お風呂場を温めておきましょう。

ポカポカにするというよりは、暖かい部屋との温度差を少なくするという感じでしょうか。

浴室暖房がなくても、湯船のフタをあけて蒸気を充満させれば暖かくなります。

脱衣所には灯油無しで動く小さな電気ヒーターがあると便利です。

 

 

■お湯の温度はぬる過ぎず、熱すぎない温度で

お湯の温度がぬる過ぎると、体は温まらず湯冷めしやすくなります。

逆に熱すぎると、お風呂からあがっても汗が止まらずにかえって体を冷やしてしまいます。体力を消費してしまうのも風邪にはよくありません。

お湯の温度は汗をかく一歩手前ぐらいの、38~41度ぐらいが適温です。

 

 

■シャンプーをする時は手早く

いくら温めてあっても、洗い場では体はどんどん冷えていきます。

シャンプーはどうしても時間がかかりますが、意識していつもより短く終わらせるようにしましょう。

具体的には、シャンプーの量を減らしてすすぎ時間を短くしたり、お湯だけで洗髪したりするのがいいですね。

物足りないかもしれませんが、それだけでずいぶんサッパリするはずです。

 

 

■お風呂上りはしっかり水滴を拭く

体に水滴がついているとあっという間に体温が奪われます。

しっかりタオルで体を拭きましょう。

 

 

■髪の毛はドライヤーで手早く乾かす

シャンプーと同様にドライヤーも手早く済ませましょう。

最初にしっかり頭皮と髪の水分をタオルでふき取っておきます。

もう一枚乾いたタオルを用意して頭にかぶります。かぶったままドライヤーをタオルの外側内側から当てることで手早く髪を乾かすことが出来ます。

細かいヘアスタイルの調整はできませんが、それは体調が戻ってからでいいでしょう。

タオルが熱くなりすぎないように気をつけてください。

 

 

■お風呂上りはしっかり水分を摂る

風邪を引いているときの水分補給は重要です。

お風呂で消費した体の水分はしっかり補いましょう。

入浴後に飲むだけでは足りないので、お風呂に入る前にコップ一杯だけでも補給しておくのがベストです。

 

 

■体調がいまいちならドライシャンプーが無難

入浴が難しいとなると洗面台でのシャンプーを考えると思います。

ただ、洗髪中ずっとうつむく姿勢になるので体調が悪い時は大変です。

どうしても頭が気持ち悪くて仕方がない!という場合はドライシャンプーなど水のいらないシャンプーを使用するのはいかがでしょうか?

頭皮につけてマッサージをした後、タオルでふき取るだけの簡単なアイテムです。

これだけでもかなり頭はスッキリすると思います。

 

まとめ

「風邪の時の正しい入浴方法」いかがでしたでしょうか?

現在の住宅事情なら、風邪で入浴してもさほど問題はありません。

だからと言って、無理は絶対禁物ですよ。

私も全裸のまま家族に心配されるあの哀れさを二度と味わいたくありません…。

健康
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと