うっかり厳禁!バレンタインのお菓子はあげるもので意味が全然変わるよ

 

バレンタインで贈るものといえばお菓子のギフトですよね。

チョコレートだけでなくいろいろなお菓子をプレゼントすることがあります。

ですがバレンタインに渡すとお菓子にはそれぞれ特別な意味が込められるのをご存知ですか?

中には好きな男性に渡すのにふさわしくないお菓子もあるんです。

今回はそんなバレンタインにあげるものの意味について紹介します。

意中の彼にうっかり逆の意味のプレゼントをあげないように注意してくださいね。

スポンサーリンク

キャンディは本命向き

実はキャンディは本命プレゼントに向いているお菓子なんです。

意外な気がしますよね。

どちらかというとキャンディはホワイトデーにお返しでもらうイメージが強いです。

手の混んだイメージもないので義理っぽく感じてしまいます。

 

しかしキャンディに込められた意味は「あなたが好きです」というとてもストレートなものです。

舐めながら味わうキャンディは、口の中に長い時間存在をとどめています。

すぐ噛んでしまわない限り長く幸せな時を味わえる。

そんな性質から生まれた意味なんです。

キャンディを渡した彼がその意味を調べたら……想像するとドキドキしてしまいまね。

 

★グミはバレンタインに不向き

キャンディに似ているグミも良さそう。

と思いがちですがグミには「あなたが嫌い」という意味があります。

バレンタインには向いていないですね。

なんでだろう?

すぐ噛むからですかね。

 

チョコレートは万能タイプ

意外ですがチョコレートに恋愛的な意味は特にありません。

だからこそ、義理・本命・友チョコなどあらゆる相手に渡せるんですね。

でも、やはりバレンタインのイメージが強いお菓子はチョコレートなので、本命へのプレゼントにすればわかりやすいというのは大きなメリットです。

 

またチョコレートの親戚と言ってもいいガトーショコラ・ブラウニー・生チョコトリュフも意味を持たない万能型のお菓子です。

普通のチョコレートよりゴージャス感が出るので特別な相手に渡すのがいいですね。

 

大切な存在に贈るならマカロン

ここ数年、ぐっと存在感を増してきたマカロン。

ちょっと高級感もあるので普通におやつとして気軽に食べるのではなく、なんとなく特別な時に大切に食べたいと思いませんか?

そんな風にみんなが思うマカロンには「あなたは特別な人」という意味があります。

本命はもちろんのこと、お父さんに贈るのにもいいのではないでしょうか。

友チョコの中でも特別な親友と贈り合うのにもぴったり。

 

ほっとする相手にはキャラメル

キャラメルってどこか懐かしい感じがしますよね。

優しい甘みが口いっぱいに広がりほっします。

そんなキャラメルに込められた意味は「一緒にいると安心する」です。

本命という意味合いはやや薄いですね。

 

なんだか疲れたときにふと会いたくなるような、顔を見るとなんとなくほっとするような、そんな相手に贈るといいですね。

義理の中でも身近な人、いつも一緒の友人。

お母さんにあげるのにもいいかも。

どうしてプレゼントするのか教えてあげると、喜んでもらえるかもしれませんよ。

 

クッキーは友達限定で

クッキーを焼いてプレゼントしようかなと思っているなら要注意です。

乾いたサクサク感の楽しめるクッキーですが、この乾いたというところがネックなのです。

あなたとは軽くさくっとした関係がいい…つまり「お友達でいましょう」という意味!

これからじっくりと関係を深めていきたいという人に贈るにはふさわしくない意味があります。

 

反対に、友達へのプレゼントにするならこれがいちばん。

「これからも末永く友達でいてね」という思いが伝わりますよ。

売っているものも数がたくさん入っているものが多いですし、手作りのときにも一度にいっぱい作れますよね。

友チョコとしてクッキーは最適です。

 

マシュマロはチョコ入りを贈る

口に入れると泡のようにすぐなくなってしまう…。

そんなマシュマロは、長く続く関係を求めていないということになってしまうんです。

マシュマロにはずばり「あなたが嫌い」という意味があります。

 

ところが、中にチョコレートが入っているマシュマロだと話はガラリと変わります。

「純白の愛で包み込む」という意味に変わるので、大好きな人へのプレゼントとしても選べるアイテムになるんです。

バレンタインでマシュマロを選ぶときにはチョコ入りを探しましょう。

 

マドレーヌは縁起良し

バター香るマドレーヌは美味しいですよね。

手作りでも市販品でももらうと印象に残りやすいです。

 

味だけじゃなく(恋愛的な)縁起もめちゃいいですよ。

マドレーヌには「あなたとより仲良くなりたい」という意味があります。

しかもマドレーヌは貝の形をしていますよね。

貝は結婚式の引き出物に使われるくらい伝統のある縁起物です。

ばりばり本命向きのプレゼントと言っていいでしょう。

 

★フィナンシェは義理向きかも

マドレーヌに似たお菓子でフィナンシェがあります。

こちらは「お金持ち」という意味があるんです。

そういえば金の延べ棒に見えなくもないですね。

決して悪い意味はありませんが、本命にあげるのはちょっと違う気がします。

金運アップしそうなので仕事仲間への義理チョコなんかに良さそうです。

 

バウムクーヘンは彼氏に

バレンタインにバウムクーヘンを贈る人は少数派かもしれません。

ですが恋愛的な意味はとてもいいんですよ。

バウムとはドイツ語で「木」のことです。

断面が切り株の年輪に見えることからそう名付けられました。

 

その姿の通り「いつまでも続く幸運」「愛を大きく育んでいきたい」という意味を持ちます。

結婚式の引き出物でも定番のお菓子ですね。

めちゃめちゃ本命向き。

とくに、すでに付き合っている彼氏や旦那様へのプレゼントに最適です。

 

まとめ

★バレンタインお菓子の意味

キャンディ:本命向き

グミ:バレンタインに不向き

チョコレート:万能タイプ

マカロン:特別な相手に

キャラメル:ほっとする相手に

クッキー:友チョコ向き

マシュマロ:チョコ入り厳守

マドレーヌ:本命向き

フィナンシェ:丁寧な義理向き

バウムクーヘン:彼氏・旦那向き

 

お菓子にもいろいろ意味があるものなんですね。

バレンタイン用のお菓子を選ぶときには、この意味をを思い出して参考にしてくださいね。

とはいえ、相手からリクエストがあったり手作りで自信のあるお菓子があれば気にする必要はありません。

気持ちを言葉で伝えればいいんです。

バレンタイン
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと