もう迷わない!台所スポンジの替え時はこのタイミング!

食後の食器を洗うときにはスポンジを使いますよね。

このスポンジ、どれくらいのタイミングで交換していますか?

ボロボロになるまで使い倒しているならちょっと危険です。

スポンジには雑菌がいっぱい。

適度なタイミングで新しいものに替えた方がいいですよ。

台所スポンジの交換時期や安全に長持ちさせるコツをご紹介します。

スポンサーリンク

スポンジ交換のサインとは

スポンジは○日で交換するべき!

とズバリ言い切るのは難しいです。

 

一人暮らしか5人家族か。油ものが多いか。三食自炊か外食多めか。

各家庭で食器を洗う回数や量が違いすぎますからね。

なので、日数よりもスポンジの様子で交換タイミングを見極めましょう。

 

  • 泡立ちが悪くなってきた
  • 形が崩れてふにゃふにゃになってきた
  • 今までの洗い方では汚れが取れなくなってきた
  • ぬるぬるしている
  • 悪臭がする

 

注目するところはスポンジのへたりと雑菌の付き具合。

どれか1つでも当てはまれば交換のタイミングです。

まだ早いかな、くらいが替えどきです。

4人家族の我が家だと2~3週間で替えることが多いですね。

 

キッチンペーパーで皿拭き

ギトギト油やカレー鍋など。

汚れのひどいお皿は先にキッチンペーパーで拭いてから洗います。

いきなりスポンジを使うと劣化が早まります。

他の食器に油がうつるのもイヤですよね。

 

スポンジを長持ちさせる効果にプラスして水・洗剤が少なく済むというメリットもありますよ。

ペーパーの代わりにボロ布を使ってもよく落ちます。

捨てるTシャツを細かく切っておくと便利です。

 

夏場は『2週間』を目安に

梅雨から夏にかけては湿度が高くなります。

洗い物の回数が少なくてもスポンジが湿りがちです。

カビや雑菌が繁殖しやすく、食中毒にも気をつかう時期ですよね。

じめじめした季節は2週間くらいでスポンジを取り替えた方が安心です。

 

スポンジの除菌方法

さすがに2週間ではスポンジが元気すぎて捨てる気にならない。

こんな場合はこまめに除菌をすることでスポンジを長く使えます。

ここではいくつかあるスポンジの除菌方法を紹介します。

洗い物が終わったら、しっかり食べかすや汚れを落としてから除菌してくださいね。

 

天日干し

スポンジに残る水気が菌を増殖させる最大の原因です。

なので乾燥こそが一番の除菌方法です。

使い終えたスポンジはよく水を絞って乾かします。

天日干しで乾燥させれば除菌効果はさらに高まりますよ。

 

★2つのスポンジを使い回し

乾燥除菌をもっとも活かせるのが2つのスポンジを交互に使う方法です。

1つのスポンジではどうしても乾ききる前に次の出番が来てしまいます。

生乾き状態が続くと雑菌が増えるのは避けられません。

2つのスポンジをローテーションさせれば、完全に乾かすことができます。

 

熱湯消毒

シンプルなのが熱湯消毒です。

お湯をかけるだけではスポンジ中心に届かず殺菌できません。

きっちりつけ置きするのがポイントです。

 

スポンジがすっぽり入る食器に入れて90℃のお湯を注ぎます。

(沸騰させて一度湯のみに入れてから注げば90℃くらいです)

そのまま1~2分つけ置き。

その後、水を足して冷まします。

最後にしっかり水気を絞って乾かします。

 

水を足さずに自然にゆっくり冷ますのはよくありません。

生ぬるくなると菌が増えやすいので、一気に温度を下げるほうがいいんです。

 

電子レンジ殺菌

お手軽に電子レンジで消毒する方法もあります。

 

洗ったスポンジをよくすすいで水気を半分くらい絞ります。

スポンジを皿の上に乗せて1分加熱します。

取り出して水をかけて冷やします。

水気を絞って乾燥させます。

 

スポンジによって耐熱温度が違うので、パッケージで要確認です。

熱し過ぎは変形の原因になるので時間はやや短めに。

また、スポンジ素材にわずかでも金属が含まれていたら絶対にレンジにかけないでください。

 

台所用漂白剤で殺菌

パッケージに書かれた量を参考に、水に適量の台所用漂白剤を入れて希釈液を作ります。

その中にスポンジを入れて2~3分そのまま浸しておきましょう。

(長時間つけるとスポンジが変色してしまう可能性があります)

つけ置きした後はしっかりすすいでスポンジを乾かします。

※漂白剤を使うときにはしっかり換気しましょう。

 

除菌効果のある洗剤を使う

一番簡単なのが除菌効果のある洗剤を使う方法です。

 

洗い物の終わったスポンジの汚れをしっかり落とします。

あらためて食器用洗剤を付けて泡立てます。

そのまま洗剤を流さずに次に使うまで放置します。

手間が少ないのがメリットですが、乾燥させられないので除菌効果はやや弱めです。

 

 

やっぱり捨てる

どれだけスポンジを殺菌しても必ず多少は菌が残ります。

なので、最強の除菌方法はやっぱり捨てること

100円ショップなら3~4個が100円で買えます。

ものすごく贅沢に使っても月に100円かかるかどうかです。

 

台所スポンジは便器以上に雑菌まみれ。

という事実を考えれば、へたっていなくても交換しやすいのではないでしょうか?

捨てる前のスポンジは、シンク洗いや風呂掃除にまわして使い倒しましょう。

 

まとめ

  • スポンジ交換は2週間を目安に
  • へたり・ぬめり・泡立ち・臭いをチェック
  • ペーパーで先に皿拭きすると長持ち
  • スポンジ2つ交互で天日干しがベスト
  • 熱湯・レンジ・漂白剤で除菌可能
  • 最強は安いスポンジの贅沢使い

 

衛生面・健康面から考えてもスポンジはある程度使ったら替えることが大切です。

最近は100均スポンジもしっかりしているので捨てにくいんですけどね。

除菌してほどほどに長持ちさせつつ、あまりケチらず使っていきましょう。

生活
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと