どう過ごす?一人の連休を旅行以外で楽しむ7つの方法!

大型連休はうれしいですが、予定がないとかえって持てあましてしまいますよね。

特に帰省する予定もなく、いまさら旅行の計画も立てられない…。

そんなあなたに旅行以外で連休を楽しむ方法を提案します。

スポンサーリンク

ドラマを一気に鑑賞

気になっていた海外ドラマや最近好きになった俳優が出演していた過去作品。

もう一回じっくり味わいたい昔見たドラマなど。

1話から最終話までドラマを一気に見てみるというのはいかがでしょうか?

いいところで終わってしまっても、次をすぐ再生できるのでやきもきする必要がありません。

旧作だとレンタルも安いのでまとめ借りしやすいですよ。

 

また連休は動画配信サービスの利用をスタートするのにも向いています。

こういう配信サービスはたいてい最初に無料のお試し期間があります。

どうせなら、このお試し期間を休日でフル活用したいですからね。

ネット配信なので貸出中で続きが見られない、なんてこともありません。



シリーズ物の映画を見る

シリーズ物の映画鑑賞もいいですね。

前後編に分かれているものや、数本シリーズ化されたもの。最近は脇役が主役になるスピンオフ作品も少なくありません。

ドラマと似ていますが、映画だともうちょっと休憩をはさみながら見る余裕ができると思います。

区切りをつけやすいといえばいいでしょうか。

 

アプリで漫画を読む

私は大の漫画好きで昔は大量の本を持っていました。

あまりに場所を取りすぎるので泣く泣く処分したんですけどね。

それ以降、物を増やさないように漫画とは疎遠になっていましたが、最近は無料アプリで漫画が読めることに気づいてしまい再び漫画漬けの日々を過ごしています。

 

もちろん無料なので無制限に読めるわけではありません。

ですが、複数のアプリを入れておけばその日の無料ぶんだけで十分な量の作品を読むことができますよ。

なんと言っても本に場所を取られないメリットは大きすぎます。

スマホで見ているので目がつかれるのが欠点ですね。

 

デジタルフォトを整理する

スマホやデジカメで写真を撮る機会も多くなっていますよね。

撮影したものはどうしていますか?

SNSにアップして楽しむ人もいるかもしれませんが、果たしてその後は?

撮りっぱなしでスマホに残したままだったり、クラウドサービスに自動保存で溜め込んだままという人もいるのではないでしょうか。

 

写真が増えない予定なし連休なら、じっくり時間をかけて写真整理ができます。

削除してもよさそうなもの、別のメディアに保存しておきたいもの、プリントなどして残しておきたいものといった分類を、のんびりとしてみてください。

ときには思い出に浸ってしまったりもして、割と時間がすぐに過ぎてしまいますよ。

 

手の込んだ料理を作ってみる

日ごろフルタイム勤務だと夕飯はなるべく手をかけずにぱぱっと作りたいものです。

ただ、休日も自分がのんびりしたいのでこれまた手早くできるメニューを選びがち。

お休みが続くこのチャンスに、普段作らない凝った料理に挑戦してみてはどうでしょう。

生地を発酵させるのに寝かせたり、じっくり数時間煮込んだり、低温でじわじわ焼いたり。

過程を楽しむ前提で、普段にはできない手間をかけたメニューを作ってみましょう。

 

日曜大工

DIYでちょっとしたテーブルや椅子制作、庭の補修などにチャレンジできるのも連休の醍醐味です。

十分な時間がないと絶対に中途半端になってしまいますからね。

日曜大工以外でも、趣味のプラモデルやミシンを駆使して洋服作りにチャレンジするのも面白いんじゃないでしょうか。

 

寝る

ひたすら寝ます

いやいや、笑い事じゃないんですよ。

目覚まし無しで無制限に惰眠をむさぼれるのはこれ以上ない幸せです。

二度寝やお昼寝もし放題。

楽しむのとは少し方向が違うかもしれませんが、これもゆったりと時間が取れる連休ならではです。

夕方に目が覚めたときの虚無感はツライものがありますが…。

寝てばかりでは体もなまってしまいますので、適度に動くことも忘れないでください。

 

まとめ

  • ドラマ鑑賞
  • シリーズ映画
  • アプリで漫画
  • 写真を整理
  • 料理
  • 日曜大工
  • 睡眠

 

計画的な人には怒られそうですが、時間を無駄に使える贅沢を味わうのもたまにはいいものです。

ゆったりと羽を伸ばして、のびのびと連休を使ってください。

旅行に行かなくても楽しめることはたくさんありますからね。

夏のお役立ち
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと