日傘と普通の傘の違いとは?代用はできるの?

紫外線が多い季節には日傘が活躍しますね。

しかし、ただ日差しをよけるだけなら普通の傘でもいいような気がします。

また、日傘を使っていて突然雨に降られる時もありますよね。

そんな時、日傘をそのまま雨傘として使っていいのでしょうか?

今回は雨傘と日傘の性能の違いや代用について解説します。

スポンサーリンク

傘の種類と違い

まずは傘の種類とそれぞれが持つ特徴を抑えましょう。

それぞれの主な違いは見た目・機能・重さになります。

 

雨傘

雨に濡れないための傘、つまり普通の傘ですね。

防水や撥水の機能を重視するためビニールポリエステル、高密度のナイロンなどの生地で作られています。

水は通しませんが通気性も悪いです。

風が強い中で使われることを想定しているので、骨組みはしっかりして重さがあります。

 

日傘

可視光線・紫外線・赤外線を遮るために使う傘です。

紫外線が与えるダメージから肌を守ることができます。

炎天下で使われる前提なので暑さを和らげる通気性の良さも特徴です。

おもな生地の材質は綿、麻、シルクなど。ポリエステルが使われているものもあります。

女性が使うことが多いので、雨傘と比べておしゃれな装飾が施されているものも少なくありません。

骨組みも軽い素材で持ちやすさ重視で作られています。

 

晴雨兼用傘

雨を防ぐ機能がついた日傘です。

UVカット、遮光にプラスして防水加工がしてあります。

ただし、本降りの雨や強い風の中で使うには適しません。

防水はあくまでオマケですね。

「日傘メインで急な雨には緊急避難的にも使える」くらいに考えておいた方がいいでしょう。

 

雨晴兼用傘

少数派ですが雨晴兼用という傘も存在します。

これは雨傘にUVカット加工がされたもの。

機能のメインは雨傘ですが、より紫外線が気になる人用に作られた傘です。

日傘・晴雨兼用傘と比べると、デザイン性・重さ・暑さ対策という点で劣ります。

見た目が雨傘なので晴れの日に使うと悪い意味で目立つかもしれませんね。

 

傘の代用はできる?

日傘を雨傘に代用は?

日傘をさして外出したら突然の雨。日傘を雨傘代わりに使って帰りたい。

傘の代用といっていちばん多いケースがこれだと思います。

 

結論から言うと「素材と雨量にもよるけれど、一時しのぎに使えないわけではない」となります。

そもそも(専用)日傘は綿など水がしみ込む素材で作られています。

これは通気性を重視して暑さを防ぐためですね。

もちろん防水や撥水の加工はされていないので、傘を差してもかなり雨を通してしまいます。

ただ、この素材の日傘は洗えるタイプが多いので、「鞄や上着で雨をガードするよりはマシ」と割り切って使うのはアリだと思います。

シミにならないように、後のお手入れをしっかりしておきましょう。

 

★日傘の洗い方★

  1. 日傘の外側を流水にあてる。
  2. 水を流しながら中性洗剤を含ませたスポンジで優しくこする。
  3. 完全に洗剤を流してから水を拭き取る。(とくに柄の部分)
  4. 傘を半開き状態で陰干しする。(全開にすると生地が反って変形してしまう)

※汚れは落とせますが日焼けのシミは落とせないのでゴシゴシ厳禁。

※UVカット・防水など加工ありの傘は洗えません。

※日傘でもシルクなど洗えない素材があるので注意してください。

 

最近はポリエステルで作られた日傘も多いです。

その手のタイプには晴雨兼用をうたっているものもあります。

水が染みにくい素材製なので多少の雨は防げるのは当然ですね。

ただ、日傘は日光から上半身を守ればいいという考えで雨傘より小さく作られています

傘そのものが水を通しにくくても、足元はかなり濡れると思ったほうがいいです。

 

ちなみに持っている日傘が晴雨兼用かわからない場合は、空気を通すかで確認できますよ。

傘の生地内側に手を当てて外から息を吹きかけます。

手に抜けた空気が当たれば通気性重視の日傘。

生地が空気を通さなければ防水機能付きとわかります。

 

雨傘を日傘として使うのはあり?

では逆に、普通の雨傘を日傘の代用品として使うのはどうでしょう?

 

これも紫外線を防ぐだけならありと言えます。

実はUVカットなしの雨傘でも、白や黒なら紫外線の大半は防ぐことができます。

日傘に比べてカット率が落ちるのは間違いないですが、直射日光を浴びるより遥かにマシです。

さすがに透明のビニール傘では厳しいですけどね。

 

こだわるのは色?素材?日焼け防止用の日傘の選び方
日差しが強くなる季節には日焼けを気にして日傘を使う人が多くなります。 せっかく日傘を使うならできるだけ性能の高いものを選びたいですよね。 紫外線を防ぐには何色がいいの? どんな素材の傘を選ぶべき? UVカット...

 

ただ、雨傘を日よけに使うデメリットも少なくありません。

  • 暑い
  • 重い
  • 見た目が悪い

差してみるとわかりますが、雨傘は通気性が悪いのでめちゃめちゃ暑いです。

エアコンなしの部屋のように熱がこもってムワッとする感じ。

加えて重さも気になります。

雨を防ぐためなら仕方ないですが、晴れた日に重たい傘を持ち続けるのはしんどいです。

 

個人的に一番イヤなのが見た目の不自然さです。

晴天で黒いこうもり傘を差すのは、真夏にロングコートを着ているくらい奇異な姿です。

おかしな人だと思われそうで怖い…。

こう見るとやはり、雨傘を日よけに使うのは一時しのぎと考えておいたほうが良さそうです。

 

まとめ

★日傘を雨傘に
・ちょっとは雨を防げる
・手入れしないとシミが残る
・風には弱い
・晴雨兼用でも防水はほどほど

★雨傘を日傘に
・色付きなら紫外線はかなり防げる
・通気性が悪いので暑い
・頑丈なので重い
・見た目が良くない

 

代用はできなくないけど効果は今ひとつといったところですね。

やはり目的に特化した傘を持つほうが、効果も使いやすさも優れています。

一時的に代わりとして使うならありだとは思いますが。

夏のお役立ち
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと