【メールでも使える】カジュアルな季節の挨拶例文【5月下旬編】

5月下旬に使えるカジュアルな季節の挨拶例文を集めました。

どこかから借りてきたような固い表現ではなく、自然に使いやすいフレーズ集です。

友達・親戚への手紙やメール作成にお役立てください。

5月も下旬になるとそろそろ暑さを感じさせる時期に入っていきますよ。

スポンサーリンク

梅雨と夏を意識し始める時期

5月は下旬でもまだ爽やかな気候ではあります。

それでも日差しが強い日には「暑い!」と感じることも多くなってきますよね。

すぐ目の前に梅雨も控えています。

 

  • 外出するのが気持ちいい爽やかな日が続きますね。
  • ゲームにばかり夢中になっている息子も、外で遊ぶ楽しさを覚えたようです。
  • 半袖を着ている人もちらほら見かけるようになりました。
  • 既に冷房を点けているところもあり、体温調節が難しい時期です。
  • もうすぐ梅雨に入りそうな気配を感じます。
  • 春から梅雨、そして夏…四季を感じながらの生活もなかなかいいものですね。
  • 雨に備えて折りたたみ傘をいつもカバンに忍ばせる今日この頃です。

 

目にする花はカラフル

上旬に引き続き色とりどりの花が見られる季節です。

母の日に花屋に並ぶカーネーションも典型的な5月の風景ですね。

★5月下旬に咲く花

バラ・カーネーション・シャクヤク・ライラック・ポピー・サツキ・カンパニュラ・カルミア

 

  • シャクヤクの高貴な美しさには毎年圧倒されますね。
  • 息子がプレゼントしてくれたカーネーションを部屋に飾っています。
  • サツキの花を見ると子供のころ吸った蜜の味を思い出します。
  • 散歩道に咲いたライラックの素晴らしい香りを楽しんでいます。

 

運動会や遠足

地域よって違いますが、私が通っていた中学校は5月に運動会がありました。

穏やかな気候のせいもあり、外での学校行事も比較的たくさんある月です。

 

  • 買ったばかりのリュックを背負って娘は初遠足を心待ちにしています。
  • 昔は遠足が近づくとバナナはおやつに入るかなんていう話をしたものですね。
  • 体育が苦手な息子も運動会となると張り切ってくれます。
  • 近くの小学校から、運動会の練習の音が響いてくる季節になりました。
  • 親子で走る競技もあるそうで…私は足が遅いので娘にがっかりされないよう、ジョギングを始めました。
  • 足の速いあなたはリレー競技でいつも大活躍していましたね。
  • 絵が得意な娘は今年も写生大会の金賞を狙っています。

 

5月病

新生活にいまいちついていけず、悩んだり迷ったりする人が増えるのも5月の特徴です。

「頑張って」という言葉は使わずにそっと肩に手を置いてあげるような気持ちを文章にしてみてはどうでしょうか。

 

  • 私もこの時期、悩みを抱えたことを懐かしく思い出します。
  • あなたは慣れるのに時間がかかるタイプでしたから、まだ戸惑いが多いかもしれませんね。
  • 下ばかり向かず空を見上げてみると心が少し軽くなる季節ですよ。

 

田植えの時期

5月から6月にかけてはそこかしこで田植えをする風景が見られます。

美しく整列した苗はこの季節の風物詩ですよね。

 

  • そろそろ実家から田植え手伝いの声がかかる頃ではないでしょうか。
  • 子供たちはイベントに参加して初めて田植えを経験しました。
  • お米大好きな私。田んぼを見て今から実りの秋を楽しみに待っています。
  • つい先日まで茶色の土肌を見せていた田んぼも、今ではきれいな緑の苗が並んでいます。

 

結びの挨拶は?

昨日は暑かったけど今日はそこまででもない…。

この時期はそんな日々の温度差に悩まされる人もたくさんいるのではないでしょうか。

 

  • 寒暖差に負けず体調管理をしっかりしていきましょうね。
  • 暑くなり始めたからと油断して薄着しすぎないよう気を付けてください。
  • 昼間は暑くても夜はまだまだ気温が下がります。体を冷やさないようご自愛ください。
  • 運動会の参加競技で頑張りすぎてケガをしないようお互いに注意しましょう。

 

まとめ

梅雨目前のすがすがしい時期に、外でのイベントなどを思う存分楽しみたいですね。

相手にも楽しい気持ちが伝わるような表現でお手紙を書いてみてください。

手紙
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと