入学辞退届の書き方はこれで完璧!失礼にならない辞退理由は?

滑り止めの入学手続きを済ませた後で第一希望に合格することはよくあります。

そうなると当然、進学する学校以外には入学辞退届を提出しなければいけません。

しかし、たびたび書くものではないのでどんなふうに書くのか迷ってしまいますよね?

とくに辞退の理由には何を書いても失礼な気がして手が止まってしまいます。

そこで今回は入学辞退届の書き方について解説します。

辞退理由の書き方も詳しく説明しているので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

入学金を納めているなら辞退届は必須!

試験に合格すると手続きをして入学金や学費等(入学手続時納付金)を学校に納めているはずです。

私が受験生だった頃は、入学しなくても振り込んだお金は一切戻ってきませんでした。

滑り止めも受験したので親にたいそう負担をかけた記憶があります。

しかし今は入学辞退届を出すことで、入学金以外の学費は返金されるシステムにしている学校が多いです。

 

学費・授業料は返金される可能性が高いですが入学金はまず戻ってきません。

入学金はその学校に入る資格を得るための費用と位置づけられているからです。

また、入学を前提とした推薦入試で合格した場合は学費も返金されないケースが多いようです。

 

とはいえ人の人生を左右しかねない入学の取り消しですから、簡単に電話で済ませることはできません。

間違いないように文書で提出する必要があります。

なので入学しない場合は届けを出すのは必須になりますね。

 

「入学金だけ先払い」方式で学費はまだの場合でも届けは出さなくてはいけません。

届けを出しても返金はありませんが、放置すると学費の支払い義務が発生してしまいますよ。

 

入学辞退届の書き方

まずは入学予定の学校のホームページを確認しましょう。

入学辞退届のテンプレートを用意している学校も少なくありません。

とくに大学ではほとんどのところが用意していると思います。

テンプレートがあればそれをダウンロード印刷して使います。

また、届けの提出締切日も明記されているはずなので必ずチェックしてください。

 

テンプレートがない学校の場合は自分で届を作成します。

「どの学科に入学予定だった、誰が、どんな理由で辞退するのか」ということが伝わるように作成しましょう。

また、返金の必要がある場合は返金用の口座も記入します。

簡単なひな形をご紹介します。

 

〈入学辞退届〉

○○年○○月○○日

 

学校法人 ○○大学

理事長 ○○○○様

 

この度、一身上の都合により、△△大学□□学部◆◆学科への入学を辞退いたしますのでお届けいたします。

 

試験区分

学部・学科

受験番号

氏名 ×× ×× (印)

住所

電話番号

 

〈返還金振込先〉

つきましては既納いたしました入学金をのぞく費用の返還くださいますよう願います。

返還は下記の口座に振り込み願います。

 

金融機関名(例・○○銀行)

支店名

種別(普通・当座)

口座番号

口座名義とフリガナ

続柄(※)

※受験者名と口座名義が異なる場合は続柄も記入しましょう。

 

縦書きと横書きどちらがいい?

縦書き横書きどちらでも大丈夫です。

ただ記入する内容からすると横書きのほうが書きやすいと思います。

 

手書きとパソコンどちらがいい?

これもこだわらなくても大丈夫。

提出先が欲しい情報を全て網羅することが大切なので、手書きの場合は読みやすい字で書きましょう。

とくに数字はハッキリ書くように意識してください。

 

入学辞退の理由はどう書いたらいいの?

入学辞退届で頭を悩まされるのが、辞退の理由を記入するところではないでしょうか。

下手なことを書くと失礼になるのではと不安になりますよね?

しかし学校では入学を辞退する人はたくさんいます。

事務手続きでいちいち理由を精査したり気を悪くすることはありません。

嘘をつく必要はないので正直に書きましょう。

 

辞退するのは本命校に合格したからという理由が大半でしょう。

その場合は「他校への進学が決まったため」と書きます。

ほかに健康上や家族の都合、経済的なことというケースもあるかもしれません。

ストレートに書いてもいいですが、書きづらければ「一身上の都合により」という薄い理由でも十分通用します。

 

ただし、テンプレートが用意されていてそこへ進学先を記入する書式になっているときにはきちんと書きましょう。

学校側も志望者が他にどんな学校を受けているのかライバルのデータを取りたいので記入欄を設けています。

入学しないとしても縁のあった学校なので、正直に書いて協力するのが礼儀でしょう。

 

郵送方法は?

封筒に入れる際は届を折っても構いません。

A4の書類を三つ折りにして長3封筒に入れれば、最も安い定型内郵便で送れます。

ただし、学校によっては簡易書留速達でないと受け付けてくれないところがあります。

重要な書類なので紛失トラブルを防ぐためでしょうね。

必ず指示通りの方法で郵送してください。

締切ギリギリの場合は郵送ではなく直接学校へ持参したほうが確実です。

 

学校には毎日たくさんの郵便物が届きます。

事務処理の手間軽減のために封筒の宛名面の左下あたりに「入学辞退届在中」と書き添えると親切です。

 

いつまでに届けを出す?

入学辞退届の提出締切は学校によって異なります。

締切日は3月末の学校が多いですが3月中旬くらいで終わりのところもあります。

わずかでも遅れたら返金されないので注意してください。

ホームページ入学手続きの詳細で確認してください。

 

返金はいつごろ?

手続きがすむとおおむね2週間~1ヶ月程度で返金されます。

おそらく4~5月には振り込まれるのではないでしょうか。

 

まとめ

提出先が欲しい情報全てを読みやすく書く…これが大切です。

くどいようですがテンプレートが用意されていたらそちらを使ってくださいね。

期限までに必要な手続きをきちんと済ませましょう。

そのほうがすっきりした気持ちで志望校に進学できますよ。

春のお役立ち
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと