夢の国には虫いない!?真夏のディズニーランドおすすめ蚊対策!

ディズニーランドにはカラスも虫もいない。

こんな噂を耳にしたことはありませんか?

本当に蚊がいなければ快適に遊べますが噂は真実なのでしょうか?

夏のディズニーランドに行く前に知っておきたい蚊対策についてまとめました。

スポンサーリンク

ディズニーランドに虫はいない?

ディズニーランド内に蚊がいない、という噂は残念ながら間違いです。

普通に蚊に刺されることもありますよ。

夢の国とは言っても私たちの住む世界とは地続き。

隔離されているわけではありませんし、お客さんの荷物についた蚊が敷地内に侵入することも考えられます。

虫の隠れやすい植物もたくさんありますからね。

 

ディズニーランドに蚊が少ない理由

ですが、園内ではあまり蚊を見ないのもたしかです。

普通の施設よりも少ないのは間違いありません。

 

蚊が少ない理由のひとつに浄水機能の素晴らしさがあります。

蚊の発生源は不衛生な溜まった水です。

蚊が卵からサナギ、成虫になるには水が不可欠です。

単に草むらがあるだけでは蚊は生まれることができません。

 

ディズニーランドには水の上を進んでいくアトラクションがたくさんあります。

この大量の水は独自の浄化処理が施されていてクリアに保たれています。

泥水のような茶色も、きれいな水に着色しているだけなんですね。

常に清潔に流れている水なので蚊の卵が孵化することができないんです。

 

もう一つの理由は徹底した衛生管理です。

ゴミが落ちていればすぐにキャストが清掃。

雨による水たまりもすかさず排水されます。

流れていない溜まり水は蚊の格好の発生源です。

他に類を見ないこの清潔さが、結果的に蚊の少なさにつながっているのでしょう。

 

ちなみに、「特殊な殺虫剤を使っている」とか「超音波で虫よけしている」というのは都市伝説だと思います。

そこまで蚊がいないわけではありませんし、TDLも虫がいないことを売りにしているわけでもありません。

 

ディズニーランドでの蚊対策

いくら蚊が少ないといっても、真夏に遊んでいればそれなりに刺されます。

並び時間やパレード見学時にはとくに刺されやすいですよね。

せっかくの夢の国も痒みに包まれれば楽しさは半減です。

しっかり蚊対策をして目一杯エンジョイできるようにしましょう。

 

黄色い服を着る

暗いところを好む蚊は黒や紺の服に引き寄せられます。

反対に苦手なのは黄色や緑の明るい色。

せっかく楽しいレジャーに行くわけですから、地味な色ではなく元気に明るい色の服でお出かけしましょう。

これで蚊も避けられるんだから一石二鳥ですよね。

 

虫よけスプレーを持参する

 

外レジャー用に虫よけスプレーを1本常備している安心です。

今は香りがいいタイプもあるので便利ですよね。

私が子供の頃は匂いがキツイ虫よけしかありませんでしたよ。

出すぎる噴射タイプよりミストのほうが使いやすいと思います。

 

虫よけシール

 

ベビーカーに貼り付けられる便利な虫よけシールです。

いろいろなキャラクターが選べますがTDLならやっぱりディズニーキャラクターでしょう。

洋服の袖口やズボンのすそにもつけられます。

 

長袖を持っていく

夏は半袖短パンスタイルでお出かけすることが増えますが、蚊対策としては肌の露出を減らしたほうが効果的です。

できればボトムスは長めのものを着用しましょう。

他にも夏用カーディガン・つばが広い帽子で肌を隠せるとベストです。

スプレーも使いながら虫に刺されない夏のベストコーデを探してみてください。

 

汗を拭く

汗のにおいも蚊を寄せ付ける原因です。

さらっと風呂上がりより汗臭い夕方の方が蚊にさされやすいのは、なんとなく感じているのではないでしょうか。

汗をかいたらその都度、きちんと拭くことが一番の虫よけ対策です。

こまめに拭けるようにハンカチや汗ふきシートを持参しましょう。

 

まとめ

  • TDLは浄水・清掃で蚊が少ない
  • 蚊はいるので対策は必要

★おすすめ虫よけ対策

  • 明るい色の服装
  • 虫よけスプレー
  • 虫よけシール
  • 長袖長ズボン
  • こまめな汗拭き

 

夏に外で遊ぶときにはどこでも蚊対策は必要です。

残念ながら夢の国でもそれは同じです。

しっかり虫よけして楽しく遊んできてくださいね。

エンタメ
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと