夜の洗濯は部屋干し外干しどっちがベスト?メリットデメリットまとめ

朝にお洗濯ができればベストですが、一人暮らしや共働きだとどうしても夜になってしまうこともあります。

そんな時に、夜でも外に干すべきなのか部屋の中で乾かすか迷いますよね。

部屋干し外干しのメリットとデメリットについてまとめてみました。

ちなみに私は部屋干し派です。

スポンサーリンク

部屋干しのメリット

 

天気の心配をしなくていい

閉め切った夜には天気の変化をなかなか感じ取れないものです。

部屋干しなら寝ている間に雨を気にする必要はありません。

風で洗濯物が飛ばされることがないのもプラスポイントです。

取り込む時に洗濯バサミを外すのが意外に面倒なんですよね。

 

エアコンを使える

エアコンの乾燥機能を活用できるのは部屋干しならではのメリットです。

サーキュレーターや扇風機で風を通してやれば乾燥効率を大幅にアップできます。

最近では浴室に乾燥機能がついているものも珍しくありません。

 

花粉・虫がつかない

部屋干しを選ぶ理由として、服に異物が付かないことが一番大きいんじゃないでしょうか。

外干しだと花粉はもちろん黄砂PM2.5の付着も心配です。

また、夏場の街灯にたかるを見ると外干しに抵抗を感じてしまいます。

服に卵でも産み付けられたらたまったものではありません。

アレルギーの人には洗濯物への異物付着は死活問題ですからね。

 

外から見えない

洗濯物が外から見えないのも室内干しの大きなメリットです。

夜に女性物が干してあるのは危ないですし、洗濯物から家族構成が丸出しになるのも防犯上よくありません。

単純に夜干してある洗濯物をご近所に見られるのは、だらしない感じでイヤですよね。

加えて、見えないので朝の忙しい時間にとりあえずそのままにして出かけられるというメリットもあります。

 

部屋干しのデメリット

 

乾きにくい

部屋の中では空気の動きが少ないので洗濯物は乾きにくいです。

風を抜けやすくしたりエアコンで乾燥させたり、何かしら工夫は必要になります。

 

洗濯物の臭いが気になる

部屋干しの一番のデメリットは臭いです。

外干しより殺菌力で劣る室内干しではどうしてもカビや雑菌の繁殖は避けられません。

これがイヤな臭いの原因となります。

専用洗剤を使うことでかなり臭いは抑えられますが、天日干しのようにはいきませんね。

 

 

外干しのメリット

乾きやすい

夜の外干しとはいえ室内よりははるかに乾きやすいです。

私は外干しをしていませんが、お風呂マットだけは外で乾燥させているので違いはわかります。

風をほとんど感じなくても外なら空気は動いているので、乾くスピードは段違いです。

 

お金がかからない

室内干しだとエアコンやサーキュレーターの電気代がかかります。

使わないとしっかり乾かないですからね。

洗濯物を干すのにエアコンを使うのはちょっと……という方には外干しのほうが気が楽です。

 

服の色落ちがない

昼の外干しとの比較ですが、夜は日光での衣類の劣化を気にしないで済みます。

カンカン照りの日だと、ちょっと長く干すだけで色が落ちちゃったりするんですよね。

 

昼よりは異物付着は少ない

室内干しには及びませんが、夜ならば飛んでいる異物も少なめです。

交通量が減れば車の排ガスも少なくなりますし、工場の排気も夜はストップするでしょう。

夜干して昼前に洗濯物を取り込んでしまえば花粉のピーク時間も避けることができます。

 

外干しのデメリット

 

虫がつく

夜は空気が澄んでいますが虫たちは元気に活動しています。

虫の鱗粉や卵が洗濯物につくと思うとどうしても外に干す気がしません。

実際にはそう簡単に付くものではないでしょうが、ついているかもと思うだけで体がかゆくなります

かぶれやすい敏感肌の人は夜の外干しはやめたほうがいいですよ。

 

朝取り込まなくてはいけない

防犯的にも世間体としても、外に干した洗濯物を朝取り込まないわけにはいきません。

朝の出勤前は1分でも時間が惜しいものです。

身支度や食事に加えて、洗濯物を取り込む時間が必要になるのは大きなデメリットです。

 

防犯的によくない

干された洗濯物はその家庭の生活がもろに出ます。

家族の人数や昼の在宅者の有無、生活水準など…。

これが下調べ中の空き巣の目にでも止まったら厄介です。

とくに女性の一人暮らしがばれれば、なにかと危険なのは想像がつきますよね。

 

干す音がうるさい

最近は静音タイプの洗濯機も増えてきて、洗濯そのものは昔より静かにできるようになりました。

ところが変わらないのが干す音のうるささです。

シーンと静まり返った夜に、室外で洗濯物を干す音はかなり目立ちます。

ベランダを歩く足音って響くんですよね。

いつも何やっているんだ、あの家は?と近所に悪い評判が立ちかねません。

 

まとめ

もう一度メリット・デメリットをまとめます。

 

★部屋干しのメリット

  • 天気の心配なし
  • エアコンを使える
  • 花粉・虫がつかない
  • 外から見えない(干しっぱなしにできる
  • 色落ちしない

★部屋干しのデメリット

  • 乾きにくい
  • 洗濯物が臭くなる
  • 部屋の湿度が上がる

 

★外干しのメリット

  • 乾きやすい
  • お金がかからない
  • 服が色落ちしない
  • 昼よりは異物も少ない

★外干しのデメリット

  • 虫がつく
  • 朝の作業が増える
  • 防犯上よくない
  • 干す音がうるさい

 

住んでいる場所や季節によって違うので、一概にどちらが優れているとはいえません。

それでも部屋干しのほうがメリットは多そうです。

夜干すなら、臭いを消す工夫をして部屋干しを選ぶのが無難だと思います。

生活
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと