国際線の機内に持ち込みダメなものは?お菓子は大丈夫?

飛行機に乗る時に、機内には持ち込みできるものとできないものがあります。

危ないものを持ち込んではいけないのはわかりますが、ちょっと迷うのは食べ物です。

特に海外に向かう国際線の長旅では、何かつまむものを持ち込みたいと思いますよね。

ここでは食べ物や身の回りの小物など、持ち込みOKなものダメなものについて紹介します。

スポンサーリンク

国際線にお菓子や食べ物は持ち込める?

基本的に食べ物やお菓子を機内に持ち込むことは可能です。

手荷物検査に入る前に購入した食べ物でも、検査を通過すれば機内に持ち込めます。

ただし、検査でNGだとせっかく購入した食べ物を廃棄しなければなりません。

あらかじめ持ち込みNGなものを知っておきましょう。

 

液体の持ち込みは厳しく制限されている

パンやおにぎり、お弁当などの食品や乾いたタイプのお菓子は持ち込みはできます。

ただし、液体を含む物は厳しくチェックされます

 

ペットボトルに入った飲み物はもちろんダメです。

その他にも、ゼリーヨーグルトのような液体状のお菓子。

漬物やレトルトパック、缶詰のような水分を多く含むもの

醤油や油、バターやジャムなどの調味料も持ち込みできません。

 

どうしても液体を持ち込みたい場合は、100ml以下の容器に小分けにして透明で開閉可能な1リットル以下の袋に詰める必要があります。

小瓶をジップロックに入れてきなさい、ということですね。

そこまでして持ち込みたい食べ物は少ないと思いますが…。

 

ただし例外として、ベビーフード医薬品などは申告して必要と認められればそのまま持ち込むことができます。

 

搭乗口近くで買った食べ物は持ち込みOK

検査で疑われたり持ち物を廃棄するのはつまらないですよね。

手荷物検査を終えた先の搭乗口近くで購入できる食べ物は、安全が確認されているので持ち込むことが出来ます。

飲み物もここで購入できます。

慣れない方は食べ物はここで買うのが無難でしょう。

 

渡航先の法律で持ち込みが禁止されている食品がある

機内への持ち込み禁止は、ほとんどが保安上の理由です。

液体を持ち込めないのは危険物と混同しやすいからです。

 

ただそれとは別に、検疫の観点から渡航先の国に持ち込むことが禁じられている食品があるので注意が必要です。

つまり、機内で残した食べ物を持って入国できない可能性があるということです。

国によって禁止されている物は違いますが、肉類植物(果物)などが持ち込めないことが多いですね。

事前に調べておいてもいいですが、機内に持ち込んだ食品は食べきってしまうほうが安心です。

 

食べ物持ち込み禁止の航空会社もある

航空会社によっては食べ物の持込みが一切禁止というところもあります。

特に格安航空は営業方針が細かく違うので、事前にホームページや旅行会社に確認しておく必要があります。

食中毒など安全上の理由もあるとは思いますが、機内の有料サービスを利用して欲しいというのもあるでしょうね。

 

食べ物以外に持ち込みNGな小物は?

食べ物以外の小物でも、持ち込んでいいのか悩むものもありますよね。

国際線の機内に持ち込みできないもので、うっかり見落としやすいものをご紹介します。

 

食べ物以外の液体物

液体NGなのは食べ物ばかりではありません。

日用品も同じように厳しく制限されています。

文房具のインク類や体につけるクリーム類やスプレー類など。

女性だと化粧品が見落としやすいですね。化粧水や乳液はもちろん、リキッドタイプの物も持ち込み禁止です。

 

危険物

火薬や塗料など引火性や可燃性のあるもの。

殺虫剤や農薬、漂白剤など毒性のあるもの。

これらの危険物は持ち込みだけでなく預け入れも出来ません。

 

ナイフ、カミソリ、ハサミのような刃物。

ゴルフクラブやバットのような凶器になるもの。

これらは持ち込み禁止ですが預け入れは可能です

 

迷うのはライターですが、小さいものに限りひとつだけ持ち込みできます。(可燃性なので預け入れはできません)

 

実際に私が没収されたもの

ここでは私や知人が実際に手荷物検査で没収されたものを紹介します。

正確に言うと没収ではなく自己廃棄なんですけどね。

意外に厳しいですよ。

 

 

■メイク道具

メイク道具には刃物や液体が付き物なので気をつけないといけません。

私はビューラー眉毛用のカミソリを没収されてしまいました。

カミソリは仕方ありませんがビューラーもダメなのは意外でした。

どちらもなくては困るので、しかたなく渡航先で再購入しました。

微妙かなと思うメイク道具は預け入れしておきましょう。

 

 

■コンタクト洗浄液

コンタクト洗浄液は100ml以下ならほぼ大丈夫なんですが、私はわざわざ大きめの洗浄液を持ち込もうとしてしまいました。

もちろんしっかり没収されて、検査後に小さい使い切り用のものを購入しました。

 

 

■歯磨き粉

歯磨き粉も液体扱いです。

通常よりちょっと大きめサイズを持参して、即没収されてしまいました。

ただ、機内に歯ブラシセットが用意されていたので助かりました。

 

 

■五本指ソックス

最後に検査の例外エピソードをひとつ。

フランスでの乗り継ぎで、履いていた五本指ソックスについて詳しく尋問されました。

「何だこれは?どうしてこのような靴下を履いているんだ?」

没収はされませんでしたがかなりしつこく問われました。

どうしてと言われても……。

それ以降、海外に行く時に五本指ソックスは履いていません。

 

まとめ

初めての海外旅行だと手荷物検査と聞いて気が引けてしまいますよね。

しかし、きちんと事前にチェックしておけば大丈夫です。

ちなみに厳しいのは機内への持ち込みで、預け入れは大抵のものが大丈夫なので勘違いしないでくださいね。

旅行・海外
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと