墓参りの花はどこで用意する?花の種類や金額はいくらくらい?

お墓参りに慣れていないと、お供えにどんなお花を持っていけばいいのか迷いますよね。

どこで買うの?

どのくらいの金額のお花を買えばいいの?

花の種類は何を選べばいいの?

今回はお墓にお供えするお花について説明します。

スポンサーリンク

お墓に供える花はどこで購入する?

お墓に持っていく花はどこで買ってもOKです。

特別な配慮はいりません。

 

お花屋さんやスーパー、ホームセンター。

最近ではコンビニでもお花を売っている店舗がありますね。

お墓が霊園にある場合には、入り口付近でお供えの花を売っているところもあります。

ただし、お盆やお彼岸など人が多い時期だけ販売という霊園も多いので確認してくださいね。

 

大きなお寺や霊園の近くには花屋さんがあることが多いです。

そういう店はお供えの花のあつかいになれていますし、近ければ新鮮なお花を持っていけますね。

ただし、値段設定はやや高めの傾向があります。

 

お花の金額の相場は?

お供えのお花はいくらくらいの物を買えばいいのでしょう?

 

私の場合は、近所のホームセンターでだいたい700~1500円くらいを目安に購入しています。

お墓には花立が2つ(一対)あるので、大きめの花束を半分にするか小さな束を2つ買います。

500円くらいの花束を2つに分けてお供えすると、ちょっと物足りないんですよね。

お墓の花立は意外に大きいです。

とりあえず1000円くらいと考えておけばいいんじゃないでしょうか。

 

ただ、この金額はあくまで目安です。

お花は野菜以上に値段の波があるので、安い花束で十分な量が買える時もありますよ。

 

花の種類は何がいい?

お供えの花には「これじゃなきゃだめ!」というような厳格なルールはありません。

ただし、避けた方がいいお花はあります。

 

・トゲがある花

・匂いが強すぎる花

・毒を持つ花

絶対ダメではないですが、なるべくこの条件に当てはまらないお花を準備しましょう。

 

 

★おすすめの花

お供えの花ですぐ思い浮かぶのは菊の花ではないでしょうか?

菊は枯れたときに散らかりにくいので後片付けに手間がかかりません。

さらに日持ちもいいです。

そのため、お墓に供える花として伝統的に選ばれてきています。

 

他にもカーネーションスターチス百合あたりもよく飾られていますね。

もちろん故人が好きだった花があればそれでもOKです。

どうしても決めにくいようなら、お店でお供え用として作られている花束を選べば間違いはありません。

 

造花はダメ?

造花をお供えしたいけどいいのかな、という方もいると思います。

お供えに造花がアリかナシかはケース・バイ・ケースです。

 

お花をお供えするのはあくまで故人のため。

原則としてはお供えは生花の方がいいですが、お墓の環境など事情によっては造花のほうが都合がいいこともあるでしょう。

とくに暑い地方では生花はすぐ枯れてしまうので、造花のお供えのほうが一般的だったりもします。

 

ですが、造花をお供えすることに抵抗がある人も少なからずいます。

お墓のあるお寺の宗派によっても温度差はありますね。

比較的自由な霊園なら問題なさそうですが、お寺の墓地なら周りの雰囲気に合わせるのが無難でしょう。

 

安いから・持っていくのが楽だから、という理由で造花にするのはやめたほうがいいと思います。

 

供えたお花を長持ちさせる方法は?

まめに手入れできる自宅と違ってお墓の花は長持ちしません。

でもせっかくなら、少しでも長くお花が咲いていてほしいいものですよね。

お供えのお花を長持ちさせるポイントがいくつかあります。

 

・花立ての底のぬめりを取る。

・花立の水は満タンにする。

・お供えの直前に茎をカットする。

・切り口は斜めにする。

 

花立ての底をキレイにするのは、お花が水を吸い込みやすくするためです。

直前に茎をカットするのも切り口が新鮮な方が吸水がいいからです。

斜めにカットするのは断面が水に触れやすくするという理由です。

真横に切ると底に密着してしまって水を吸いにくくなってしまいます。

 

その場でカットするハサミを持っていく必要がありますが、作業自体は簡単なのでぜひやってみてください。

 

まとめ

  • 花の購入はどこでもOK
  • 予算は一対で1000円くらい
  • 菊・カーネーションなどがおすすめ
  • トゲ・匂い・毒のある花は避ける
  • 造花は周りの雰囲気に合わせて
  • 吸水アップで花を長持ちさせる

 

生きている私達も花束をもらうのはうれしいものです。

仏様だって姿は見えなくてもきっと喜んでくれると思いますよ。

お墓に眠るその人のことを思いながら、お供えする花を選んであげてください。

生活
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと