コートについた口紅の落とし方!外出先でもできる応急処置はこれだ!

満員電車でコートに口紅をつけられてしまった。

うっかり襟に自分の口紅をつけちゃった。

お気に入りのコートに口紅ベッタリはショックですよね。

口紅は落としにくくお洗濯でも手を焼く汚れです。

しかもそれが外出先だと取れる手段も限られてきます。

今回はコートに付いた口紅汚れの出先でもできる応急処置について解説します。

※素材によっては変色の可能性があるのでご注意ください。

スポンサーリンク

口紅は油性の汚れ

覚えておかないといけないのが口紅は油性汚れだということです。

なので水で洗い流すことはできません。

口紅が水性だったら食事や汗ですぐに取れてしまいますからね。

そのくらいの水分ではびくともしない汚れという前提で落とします。

 

口紅を押さえて吸着する

まずはベッタリついた口紅を物理的に取り除きます。

 

  1. ハンカチかティッシュで口紅汚れを押さえます。
  2. 口紅を吸い取らせたら別のきれいな面でまた押さえます。
  3. 色移りがしなくなるまで繰り返します。

こするのは汚れを広げてしまうのでNGです。

ハンカチを濡らすとかえって吸着が悪くなります。

乾いたままの方がいいです。

 

ティッシュより油をよく吸うのが紙ナプキンやキッチンペーパー。

外食するお店なら大抵は置いてありますね。

さらに油汚れの吸着がいい紙ウエスが使えるとベストです。

 

ここまでが基本の応急処置です。

ここからは油汚れを分解するアイテムを使用します。

水洗いできない素材はこれ以上いじらずにクリーニングに出してくださいね。

 

クレンジングシート

メイク落としの簡易アイテムであるクレンジングシートが使えます。

外でも誰かしら持っていることが多いですし、コンビニでも手に入れやすいです。

 

  1. 乾いたティッシュで汚れを吸い取っておく。
  2. クレンジングシートでつまむように取る。

クレンジングシートでもゴシゴシ拭きは厳禁です。

つまむように縦の動きで汚れを取り除きます。

 

クレンジングオイル

携帯用のクレンジングオイルがあればより強力に落とすことが出来ます。

 

  1. ハンカチで汚れを吸っておく。
  2. クレンジングオイルを綿棒に付ける。
  3. 汚れを広げないよう外から中心に向かって塗る。
  4. ティッシュを敷いて汚れ面をあてる。
  5. 汚れの裏側から指で叩いてティッシュにシミを移し取る。
  6. きれいなティッシュに変えてもう一度移し取る。

綿棒はなくてもできますが、オイルをつけすぎると口紅が広がるので注意してください。

 

ベンジン

シミ抜き用に買い物に走るならクレンジングオイルよりベンジンがおすすめです。

揮発性なので布地に対してダメージが少なくすみます。

使い方はクレンジングオイルと同じです。

綿棒で付けてティッシュに汚れを移し取ります。

 

ベンジンは薬局やスーパーの洗剤近くに置いてあります。

コンビニだとあまり無いかもしれません。

 

食器洗い用洗剤

職場の給湯室には食器洗い用の中性洗剤が置いてあるのではないでしょうか。

これも油汚れを落とせるので口紅落としに使えます。

ハンドソープや固形の石鹸でも代用できます。

 

  1. ハンカチに洗剤をつける(伸びが悪い場合は水で濡らす)。
  2. 口紅汚れに洗剤をなじませる。
  3. きれいなハンカチで叩くように汚れを取る。
  4. 水でつまみ洗いしながら洗剤を落とす(ぬるま湯がベスト)。

 

まとめ

★口紅落としに使えるアイテム

  • ハンカチ・ティッシュ・ウエス
  • クレンジングシート
  • クレンジングオイル
  • ベンジン
  • 中性洗剤

初期の対応である程度汚れが落とせれば、帰宅後の洗濯で対応可能です。

ただ思ったより落ちなかった場合は、早めにクリーニング屋さんに持っていきましょう。

 

油性の汚れは放置しておくとどんどん落ちにくくなってしまいす。

最初は汚れがのっているだけですが、繊維に吸着して染め物のように着色してしまいます。

こうなるとプロでもお手上げです。

早いほどきれいに落とせる可能性は高くなりますよ。

生活
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと