プロポーズの日の由来!でも女性が求めるリアル求婚日は別かも?

プロポーズはいつするべきか?

待っている方も不安ですが、プロポーズしようという方もそのベストタイミングには頭を悩ませます。

その背中を押すために「プロポーズの日」という記念日もあるくらいです。

プロポーズの日ってどこから来たの?

実際どんな日にプロポーズするのがいいの?

プロポーズの日の由来と現実的なプロポーズ候補の日についてまとめました。

スポンサーリンク

プロポーズの日は6月の第1日曜日

全日本ブライダル協会が定めた『プロポーズの日』は毎年6月最初の日曜です。

この協会の会長を務めるのは桂由美さん。

ウェディングドレスなどのデザイナーとして有名なので、一度くらいは名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

6月に制定した理由はやはり、ジューンブライドが女性の憧れであることからです。

では、なぜ女性は「6月の花嫁」を夢見るのでしょう?

これはヨーロッパに昔からある言い伝えが元になっています。

 

 

ローマ神話の中にユノという名の女神が登場します。

ユノは結婚や出産などを司る守護神なのですが、彼女は6月を守っているとされているのです。

ユノの英語スペルは「Juno」。6月は「June」ですのでユノが語源なのは一目瞭然ですよね。

そのため、女神様の祝福を存分に受けて結婚するには6月がいい、となったわけです。

 

プロポーズは結婚に向けてのとても大きなイベント。

なかなか踏み出すタイミングを見つけられないカップルのために、ユノが見守る6月の『プロポーズの日』をきっかけとしてほしい…。

そんな願いを込めて日本記念日協会に登録されています。

 

スカイプロポーズの日

ちなみに記念日協会のサイトを見ると『スカイプロポーズの日』というものもありました。

日付は毎月の10日。

制定したのはヘリポートを運営する株式会社JPD清水です。

ヘリの遊覧飛行中にプロポーズすることをスカイプロポーズと名付けて、結婚チャンスを数多く提供するために制定されたそうです。

由来は10(テン)が天空のテンだから。

 

たしかに空中のプロポーズはロマンチックなシチュエーションではありますね。

でも、プロペラの音にかき消されて「えっ、なに?」と聞き返されたらちょっと悲しい…。

 

女性がプロポーズされたい日は?

とはいえプロポーズの日はあくまでキッカケのひとつです。

6月最初の日曜にプロポーズして、その月のうちに入籍から式まで進めるのはスケジュール的に絶対無理ですからね。

ジューンブライドにこだわるなら翌年の6月挙式が現実的でしょう。

 

実際、女性はどんな日にプロポーズされたいと思っているのでしょうか。

記念日に良さそうな日をピックアップしてみました。

 

彼女の誕生日

定番中の定番です。

もしレストランを予約してデートの約束があるならサプライズプランも立てやすいですよね。

「誕生日だからちょっといいところで食事をしようよ」

いざ行ってみるとプロポーズだった…という感じにあくまでバースデーを祝う前提で誘えるのも大きいです。

 

クリスマス

街全体が華やぐクリスマスは、とくに自分で何もしなくても勝手にロマンチックな雰囲気にあふれています。

その空気を遠慮なく使ってプロポーズをしましょう。

結婚記念日とは別に、「クリスマスにプロポーズされたんだっけ」という思い出の日になることは間違いありません。

 

バレンタインデー・ホワイトデー

 

バレンタインもそこかしこでラブラブな雰囲気に包まれたイベントです。

彼女からチョコをもらった後にプロポーズしてはいかがでしょう?

チョコのお返しがプロポーズだなんて女性にとってはびっくりするけどうれしいものです。

もちろんホワイトデーまで待ってプロポーズするのもありだと思います。

 

いい夫婦の日

クリスマスやバレンタインはベタすぎてちょっと抵抗ある…。

そんなカップルにおすすめなのが11月22日の『いい夫婦の日』です。

それほど街が浮かれた雰囲気でもなく、それでいて忘れにくい記念日なのでおすすめです。

 

ただ、いい夫婦の日は入籍して結婚記念日にしたがる夫婦も少なくありません。

知名度はだいぶ下がりますが11月11日は『いい出会いの日』に制定されているので、そっちでプロポーズするのもいいかもしれません。

また、2月2日も『夫婦の日』として登録されています。

 

付き合って1周年記念日

出会った日、付き合い始めた日、初デートをした日など、2人の歴史を振り返るといくつかスペシャルな日が思いつくのでは?

二人だけの特別な記念日にプロポーズすれば、さらに思い出深い日付として刻まれますよ。

 

花火大会

毎年開催される大きなイベントでプロポーズするのもいいですね。

典型的なのは地元の花火大会など。

思い出として強く残りやすいですし、結婚後も記念日デートにも行きやすいです。

イベントは土日重視なので、開催日が年ごとにズレてしまうのが残念ではありますが。

 

まとめ

プロポーズの日の由来とプロポーズ候補日について書いてみました。

ただこれだけ書いておいてなんですが、ベストなタイミングは人それぞれです。

思い立ったが吉日、という言葉もあります。

幸せな未来へ向けて、勇気を出して「結婚したい」という気持ちを伝えてみてくださいね。

生活
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと