ラーメンはやめとけ!健康診断前日にやってはいけないことまとめ

ただでさえ憂鬱な健康診断ですが、前日にも変なプレッシャーがありますよね。

あれ?このメニューは食べていいんだっけ?

薬の服用はどうだったかな?

コーヒー飲むのはだめだっけ?

余計なことをして再検査にでもなったらたまりません。

不安な検査前日のNG行為についてまとめました。

 

※検査内容や持病によりNG行為が異なります。

詳しくは検査を受ける病院へお問い合わせください。

スポンサーリンク

前日の食事は何時まで?

前日の夕食を何時までに済ませるかは検査の予約時間によって違います。

基本的には検査の10時間前から食事禁止しているケースがほとんどです。

お昼以降の検査なら夜の9時まで。

午前の早い予約を取っていれば8時までに設定されることが多いですね。

※正確な時間は医師の指示に従ってください。

 

これは空腹時に検査データを取ることで、その人の正確な数値を計ることができるからです。

検査のたびに満腹だったり空腹だったりしたら、数値が上下しすぎてデータとして役に立ちませんからね。

もちろん胃カメラを飲む場合も胃の中が空になってないといけません。

そのために最低10時間は開ける必要があります。

 

もし朝食を食べてしまったら?

万が一うっかり朝食を食べてしまったら検査はどうなるでしょう?

まず胃カメラや胃のX線検査は確実に受けられません。

通常の血液検査が受けられるかどうかは、食べた量と検査までの時間によります。

正直になるべく早く病院へ連絡しましょう。

 

前日にラーメン食べていいの?

検査前日は脂のキツイ重たいメニューは避けたほうが無難です。

いくら10時間前までに食事を済ませたとしても、油もののような重たいメニューだと検査までに消化しきれない可能性もあります。

食べ物が胃の中に残ることはありえませんが、血液検査の結果に影響する可能性は十分ありえます。

その結果、本当は大丈夫なのに再検査にでもなれば目も当てられません。

 

それを考えると前日に脂の多いラーメンはやめておいたほうがいいですね。

もちろん焼肉・焼肉・カレー・うなぎ・とんかつなどのガッツリメニューも避けましょう。

無難に白米とさっぱりしたおかずがおすすめ。

麺類ならうどんか蕎麦にしておきましょう。

 

ちなみに胃(大腸)カメラの予定があれば食物繊維多めの蕎麦は避けてうどんを選択。

トッピングのネギも食べないようにしてください。

消化しきれない食材はに検査の妨げになってしまいます。

 

お菓子・果物は?

前日のお菓子果物は、食べないに越したことはありませんが禁止するほどでもありません。

いつもよりは控えめに常識的な量を食べるにとどめておきましょう。

食事同様、大量に食べれば検査結果(血糖値)に影響が出てしまいます。

 

ただし、胃(大腸)カメラの予定がある場合は消化しにくい食材に注意してください。

とくに果物の皮や種は残りやすく診断の邪魔になりやすいです。

 

コーヒー・お酒・前日に飲んでいいのは?

検査当日は水だけ(またはお茶も)OKというケースが多いですが、前日までは何を飲んでもいいのでしょうか。

飲み物について調べてみました。

 

 

★コーヒー

コーヒーはカフェインや砂糖入りなので飲まないほうがいいですが、前日ならほとんど影響はないと思います。

医師に止められていなければ普通に飲むのはかまわないでしょう。

前日に眠れなくなるのは良くないので、遅い時間に口にするのは避けたほうが無難です。

検査当日は水がOKでもコーヒーを飲んではいけません。(ブラックもダメ)

 

 

★エナジードリンク

砂糖カフェインを含むエナジードリンクもコーヒーと同じ考えで問題ないと思います。

前日に飲んだぶんはほぼ排出されてしまうのでほとんど影響はないでしょう。

遅い時間に飲む不眠や飲み過ぎにだけ注意です。

当日はもちろんダメですよ。

 

 

★お酒

飲酒はほとんどの検査で前日禁止になっています。

たとえ禁止されていなくても控えたほうが検査結果は安定しやすいです。

 

お酒には糖質がたっぷり含まれています。

しかもジュースやコーヒーよりも大量に飲むことが多いですよね。

そのためどうしても翌日の血液検査に影響しやすいのです。

 

 

★青汁

日常的に青汁を飲んでいる方は検査前日に飲んでいいのか迷いますよね?

正直、青汁は何種類もあるので正確な答えは医師に聞いたほうがいいでしょう。

ただ胃(大腸)カメラの予定があれば、青汁に含まれる繊維質が検査の邪魔になるかもしれないので私なら飲みません

 

ところで、前日に青汁を飲むと検査結果が良くなるなんて噂があります。

胡散臭い話ですが、仮によくなったとしても不健康をごまかしているだけですよね。

プラスだろうとマイナスだろうと数値に影響することは控えるべきだと思います。

 

常備薬・サプリ・薬は飲んでいいの?

ちょっと迷うのがお薬サプリですね。

ほとんどの検査で当日の薬の服用は禁止されています。

これには例外もあるので医師の指示に従ってください。

 

ただ前日は、いつも飲んでいる薬なら通常通り服用してOKです。

体調を崩して薬(風邪・腹痛・便秘)を飲みたい時は、そもそも体調不良で検査を受けてもいいのかどうかも含めて相談した方がいいでしょう。

 

サプリメントも検査に影響が出るもの出ないものがあるので事前に聞いておいたほうがいいですね。

とくにビタミンC系のサプリは尿検査に影響が出やすいようです。

 

ビタミンCや総合ビタミンは尿検査に影響するので健診2日前より服用を控えてください。

引用 日本総合検診医学会

 

前日の激しい運動は?

日頃の適度な運動は健康改善への近道ですが、検査の前日に激しい運動はおすすめできません。

日課で慣れているならともかく、いきなりジョギングを始めても検査結果が良くなることはありませんよ。

むしろ激しい運動による血中の脱水尿の状態変化で「異常あり」の診断をくだされてしまいます。

 

同じように脱水の可能性があるサウナも前日にはやめておいたほうがいいでしょう。

 

前日の喫煙はNG?

タバコ血圧に影響があるので前日から禁止している病院がほとんどです。

とくにバリウム検査を行う場合は、喫煙により胃酸が出やすくなって診断も難しくなってしまいます。

胃カメラを飲む際に吐き気をもよおしやすいというデメリットもありますね。

 

ちなみに私は、いい歳の男性が禁煙を守れずナースに激怒されているのを目撃したことがあります。

大の大人が人前で怒られるのはとても惨めなので我慢しましょう。

 

まとめ

健康診断をごまかすつもりはなくても、不注意によって異常な結果が出るのは避けたいところですよね。

返ってきた診断結果で「要再検査」の文字を見るのは、想像以上にダメージが大きいですよ。

いらぬ心配をしなくていいように健康診断前のNG項目はしっかりと守りましょう。

健康
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと