こどもの日は女の子もお祝いOK!由来をやさしく説明するよ

ゴールデンウィークに並ぶ祝日の中に「こどもの日」があります。

「男の子のお祝いなのに、女の子も休みなんてずるい!」

なんて男の子に言われてしまうかもしれません。

そんなときは、ここで紹介するこどもの日の由来を教えてあげてください。

女の子のお祝いもOKなのを伝えてあげましょう。

スポンサーリンク

こどもの日には男も女も関係なし

こどもの日」が5月5日に決まったのは戦後すぐの1948年のことです。

大昔からあったものではなく、昭和に決められたわりと新しい祝日なんです。

こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する」という意味が込められています。

男の子も女の子も、きちんと1人の人間として認識して幸せに生きていけるような世界を作りましょう。そして産んでくれたお母さんにもありがとうの気持ちをおくりましょう、というのが「こどもの日」なんですね。

 

なぜ『端午の節句』と同じ5月5日?

5月5日は男の子のお祝いとして昔からある『端午の節句』でもあります。

女の子には『桃の節句』が3月3日にありますが、カレンダーを見ても祝日にはなっていません。

どうしてお休みじゃないんだろう…と女の子なら一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

 

5月5日がお休みなのはこどもの日が祝日だからなんです。

端午の節句はお休みとは無関係なんですね。

さっきもお話したように、「こどもの日」は1948年(昭和23年)に日本の政府によって決められました。

「こどもの日」をいつにしようかという話し合いの中で、「この日はどうかな?」という候補の日がいくつかありました。

・3月3日:桃の節句だから

・4月1日:新学期を迎える日だから

・5月5日:端午の節句だから

3月は北の地方ではまだまだ寒さが厳しい時期。せっかく休日にしてもお出かけするのはちょっと大変です。なので「こどもの日」とはなりませんでした。

それから4月1日には新学期最初の日の他にもう1つ、何か思いつきませんか?そう、エイプリルフールです。

嘘をついてもいい日とされる日本でもおなじみのイベントデーです。それとかぶってしまうので、この日もやめようということになりました。

 

後押しするように、「こどもの日」は5月5日に!という国民の意見がたくさん寄せられたため、端午の節句と同じ日に制定されました。

端午の節句と重なるので男の子のお祝いイメージが強いですが、こどもの日は「男の子も女の子も、健やかに育つように」という願いが込められた祝日です。

女の子も堂々とお祝いしていい日なんですよ。

 

こどもの日には何をする?

鯉のぼりを飾る

鯉は滝を泳いで登ってしまうくらいにパワフルな魚です。

そのたくましさを見習って、子供も元気に育ってくれますようにという願いが鯉のぼりに込められています。

 

男の子の立身出世を願うものなので女の子に飾るのはおかしい、という人もいます。

しかし、その考えは男児が途絶えたらお家断絶という武家社会の江戸時代に生まれたものです。

こういう風習は時代とともに変化していくのが普通です。

女の子も元気に育って欲しいと願って鯉のぼりをあげるのは、むしろ自然な行為ではないでしょうか。

 

 

お風呂に菖蒲を入れる

端午の節句は菖蒲の節句ともいわれていました。

菖蒲の強い香りは古くから魔除けとして使われてきました。

また菖蒲には血の巡りをよくする働きがあると言われています。

そのため、端午の節句には菖蒲を飾ったり菖蒲湯に入ることで、魔除けや悪い鬼を追い払う願掛けをしていたんです。

 

そこから武家社会では「勝負」に強くなる、また武を大事にするという「尚武(しょうぶ)」にかけて男の子向けの節句に変化していきました。

でも元をだどれば菖蒲湯に入って邪気を払うことは男女関係なく行われていたんですよね。

女の子でも遠慮なく菖蒲湯に入りましょう。

 

 

柏餅を食べる

こどもの日には柏の葉に包まれた柏餅を食べますね。

普通木の葉は冬になると落ちてしまいますが、柏の木の葉は新しい芽が出てくるまで落ちません。

この途切れない葉っぱは、「子供が無事に成長するまで親は元気でいられる」という意味で縁起のいいものなんです。

そのため端午の節句には柏餅が食べられ続けています。

 

これも武家社会で大切にされた縁起かつぎの一つですが、女の子でも当てはまりますよね。

遠慮なく縁起のいい柏餅を食べちゃいましょう。

 

まとめ

男女関係なくみんな元気に大きくなってね…というのが「こどもの日」というわけです。

ひな祭りのあとにやってくるのでどうしても男の子中心になりがちですが、きちんと説明して女の子もしっかりお祝いしてあげてくださいね。

節句
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと