さんまの食べ方が汚い!すぐできる2つのコツを覚えて美しい食べ姿に

他人の食事の作法って意外に目につきますよね。

たとえどんなに美人でも、お箸を握りしめるように持っていたら百年の恋も冷めてしまいます。

逆に食べる姿が美しければ相手に好印象を持ってもらえるのは間違いありません。

というわけで今回は、苦手にしている人が多いさんまの食べ方について解説します。

難しそうに見えますが、たった2つのポイントを意識するだけで格段に美しく見えるようになりますよ。

スポンサーリンク

さんまを美しく食べる2つのコツ

さんま(焼き魚)の食べ方をきれいに見せるコツは2つだけ。

常に同じ方向へ食べ進めること。

魚をひっくり返さないこと。

真ん中のふっくらしたところから食べたい、好きな部分を最後に食べたいという気持ちはわかります。

ですが、規則性なく食べ進めるとどうしても汚く見えてしまうんです。

 

左から右へ

焼き魚は左側に頭を向けて自分の前に置かれているはずです。

まず、中骨に沿って上下をカットするように軽く箸を入れておくと食べやすくなります。

魚の皮が苦手な人は、このときに上下に開いてはがしましょう。

 

 

スタートは頭のある左上の身から箸をつけます。

そのまま左から右へ魚の中心の上半分を食べ進めていきます。

同じように下半分も左から右へ食べていきます。

 

こうして一方向へ流れるような動きで食べるだけで所作が美しく見えます。

また、頭の方から食べることで魚の骨から身が外れやすくなります。

 

魚をひっくり返さない

表面をすべて食べ終わったら、裏側の身に手を付けていくことになります。

ひっくり返した方が食べやすそうに思えますが、それは正しい食べ方ではありません。

ひっくり返さずにそのまま骨をはがします。

 

お箸を骨の下に入れて浮かせるように剥がします。

はがした骨を尻尾のところで折って取り外します。

骨を取り外す時は、懐紙を使って魚の頭を押さえるのが正式なやり方です。

ですが、普通は懐紙など持っていないと思います。

魚を押さえるのはマナー違反ではないので、そっと指で押さえましょう。

汚れるのでティッシュや紙ナプキンがあるといいですね。

 

無事に骨と頭を外すことができたら、お皿の奥(上の方)にまとめておきましょう。

まとまっていれば魚の骨も美しく見えますよ。

 

ここまでしておけば目の前には食べやすくなっている身だけが残ります。

表面と同じように上半分を左から右へ、下半分を左から右へと食べていきます。

 

魚を食べる時のマナーや注意点は?

焼き魚は食べる順番さえ間違えなければ、食べる所作はそれなりに美しく見えるものです。

あとは食べ方の細かい手順を暗記するより、大きめのマナー違反だけ覚えておきましょう。

そうすれば、いざという時にも焦らずスマートに食べることができます。

 

 

★魚をひっくり返さない

繰り返しになりますが、魚をひっくり返して食べるのは絶対にNGです。

一発で魚の食べ方を知らないのがバレてしまいます。

ゆっくりでも不器用でも魚をひっくり返さなければそれなりに見えます。

 

 

★骨の隙間からつつかない

表面の身を食べているとつい裏側にも手を出したくなります。

しかし、骨を外す前に裏側の身をつついてはいけません。

見た目も汚くなりますし、作法から外れるとやはり食べにくいものです。

実際やってみると、お皿の中で魚がぐちゃぐちゃになってしまうのがわかるはずです。

 

 

★小骨を手でとらない

大きな骨は簡単にはがせますが、ところどころにある小骨は難しいですね。

あの小骨の面倒くさいのがイヤで魚嫌いになる人も少なくありません。

 

小骨はできるかぎり箸で取り除いてから口の中に入れます。

口に入れてからから気付いてしまった場合は、懐紙で口元を隠しながら出します。

懐紙を持ち歩く人は少ないのでポケットティッシュがあるといいですね。

なければ、せめて手で口を隠しながらお箸で小骨を取り出してお皿にまとめて置いておきます。

口から手で直接取り出そうとするのだけはやめておきましょう

マナー違反の上にものすごく汚らしく見えます。

 

まとめ

★美しく見えるさんまの食べ方

・左から右、上の次が下と一定方向に

・魚をひっくり返さない

・骨は皿の奥にまとめる

・箸で裏側をつつかない

・小骨は口をかくして取る

 

美しい食べ方で食後のお皿の上もキレイ。

これをマスターすれば、大事な席で焼き魚が出てきても安心です。

きっとお相手にも一目置かれるはず。

ぜひマナーと食べ方を身につけて、デキる大人への階段を1つ登りましょう。

生活
スポンサーリンク
なるのーとをフォローする
スポンサーリンク
なるのーと